Amazon「預金口座」の提供を準備中!

Amazon「預金口座」の提供を準備中!

Amazon預金口座、Amazon銀行、そしてAmazon仮想通貨の未来とは?

Amazon輸出 初心者アイコちゃんシリーズ



先生!Amazonが「預金口座」を提供する準備を進めているというニュースがありましたよ♪ 「米アマゾン・ドット・コムはJPモルガン・チェースなどの大手銀行との間で、当座預金口座に似た商品を作り上げ、顧客に提供する計画について協議している」ということです!

ホントだ! まずはチェッキングアカウント(当座預金)だけを提供するみたいだね。将来的には、以前から噂されていた「Amazon銀行」や「Amazon仮想通貨」につながるんじゃないかな。

「Amazon預金口座」、「Amazon銀行」、「Amazon仮想通貨」がいよいよ誕生するということですね。

Amazonも、銀行業、金融業に進出するわけだ。満を持して参入ということだね。

Amazonが金融業に参入するということは、どういうメリットがありますか?

資本主義の勝者になるには、自分の銀行を持つことが一番近道だといわれているよ。実質的に、無からお金を作り出すことができるからね。資本主義の頂点に君臨するのが「銀行」だから、自ら銀行を経営することができれば、資本主義という帝国の皇帝の一人になったのと同じ意味だよ。

それはまたすごいスケールの話ですねー。銀行の経営者になるということは、資本主義を支配するグループの一員になることなんですね。

そう。いよいよAmazonもそうなるということだね。まずは「Amazon預金口座」、「Amazon銀行」などを展開し、その後「Amazon仮想通貨」を提供し始めるだろうなー。

「Amazon銀行」と「Amazon仮想通貨」はなにが違うんですか?

これはちょっと難しい話になるけど、「Amazon銀行」はいま説明したとおり「銀行」だから、資本主義を支配する勢力の一員になることを意味するよ。そして「Amazon仮想通貨」は、その資本主義を破壊する勢力になる可能性を意味するんだ。

え?! ちょっと意味がわからなくなってきました。Amazon銀行は資本主義を「支配する勢力」で、Amazon仮想通貨は資本主義を「破壊する勢力」、ということですか?

そういうこと。ビットコインやイーサリアムなどのいま普及している仮想通貨も、本来なら資本主義を破壊する勢力になり得たんだ。だけど現金と交換できるようにしてしまったことで、その力を失ってしまったんだよ。でもAmazonなどの発行する次世代の仮想通貨は、資本主義を根底から覆す可能性があるといわれているんだ。だから、Amazon銀行は資本主義を支配する勢力で、Amazon仮想通貨は資本主義を破壊する勢力、ということになるわけ。Amazonだけじゃなく、グーグルやアップル、マイクロソフトなどの世界的IT企業が、資本主義を破壊する次世代の仮想通貨の発行のチャンスを、虎視眈々と狙っているといわれているね。

うーん、わかったようなわからないような、モヤモヤした感じです…… どちらにしても、Amazonは世の中の基盤を揺るがすようなスゴイことを考えている、ということなんですね。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。