財界の偉い人たちも驚いた中国「インターネット安全法」の危険性とは?

財界の偉い人たちも驚いた中国「インターネット安全法」の危険性とは?

訪中した財界人が中国の危険性を警告! ・中国輸出への影響は?

初心者アイコちゃんシリーズ


先生。日本の財界人たちが中国に訪問したそうですね。そして日本に帰国後、中国国内の危険な状況を語っていましたよ。「中国国内で今年6月に施行されたインターネット安全法は危険な法律」だって……

うん。中国の「」は、2017年6月に施行されたんだよね。これは中国国内の中国人や外国人の行動を監視する法律だね。従来のルールより厳格化されているらしいよ。

「中国国内の中国人や外国人の監視強化」ですか?

そう。中国での行動内容の全てを、中国国内に保管し、中国共産党から見えるようしなければならないって法律だよ。たとえば、日本から義烏市場に商品を仕入れに行ったときの記録をすべて中国国内に保存して、中国共産党から見えるようにしておかなければならないってことだね。違反すると、違法行為になって、中国で逮捕されるよ(笑)

うひゃー、中国で逮捕されたら、二度と出られないような気がします^^; ところでこの新しい法律は、中国輸入や中国輸出にどんな影響がありますか?

すぐに何か影響があるというわけじゃないけど、中国輸入、中国輸出を実践している人が、日本からどんな商品を輸出入しているのか、ぜんぶ分かってしまうことになるね。まぁ、分かってしまってもほとんど影響ないと思うけど(笑)

なるほど。それで今回、日本の財界人が中国を訪問したときにその「インターネット安全法」の危険性に気がつき、日本人に警告を発していると言うことですね。

そうだね。とはいえ、「インターネット安全法」ができる前から、中国は安全な場所とは言えない気がするけどな。例えば、日本人観光客が勝手にポケットに麻薬を入れられ、逮捕されるってケースもあるらしいよ。

それは、ひどいえん罪ですね。勝手にポケットに麻薬を入れられて、「お前、麻薬持っているだろ!」と言って逮捕されるわけですよね?

そう。笑えないよね。まぁ日本人が被害に遭った場合は日本国内で大騒ぎになるだろうから、実際に被害に遭う可能性は少ないと思うけどね。でも実際に中国政府から依頼を受けて現地で調査をしていた日本人が拘束されたってニュースは、ときどき耳にするよね。

確かに、最近のニュースでも、中国の依頼で日本人が工事の調査中に拘束されたとか言うニュースがありましたね。それにしても、中国は今後どうなってしまうんでしょうか? さまざまな国といさかいが起こっているようですけど……

今後の中国は、発展して近隣諸国を飲み込むという人と、崩壊するという人の2つの意見があるよ。どっちにしても、日本のように、決められた国土の中でがんばるというわけではなくて、外に向かって拡大を図っていくから、周辺諸国は迷惑だよね(^_^; 中国国内だけでおとなしくしてくれていればいいのにな。

日本からの中国輸入、中国輸出の将来性はどうなりそうですか?

中国が周辺諸国を飲み込んで拡大していけば、中国輸出のチャンスになるよね。でもそれは一時的なもので、やがて中国は日本さえも飲み込むから、「日本から中国輸出で大儲け!」なんて状況ではなくなるよね。中国の経済が崩壊する方向に向かうなら、日本から中国輸入・中国輸出の大チャンスとなるよ。混乱している国は物資が不足するから、特に日本からの中国輸出は千載一遇のチャンスになるんじゃないかな。

どちらにしても、日本の経済界の偉い人たちも中国の新しい危険な法律「インターネット安全法」にびっくりですから、気をつけたいですね。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。