大胆予想! 2018年のAmazon輸出(2)

大胆予想! 2018年のAmazon輸出(2)

2018年のAmazon輸出のキーワード「マーケットプレイスの見直し」とは?

初心者アイコちゃんシリーズ

先生。2018年のAmazon輸出のキーワードとなる「マーケットプレイスの見直し」について、もう少し詳しく教えていただけますか?

先日説明した、Amazon輸出の「マーケットプレイスの見直し」についてだね。Amazonは世界的に大成功を成し遂げたECサイトだけど、Amazonだけじゃなくて、僕たちのような「セラー」も商品を販売しているわけだよね。つまり、Amazonのサイト内で商品を売っているのは、Amazonと出品セラーの2者いると言うことだね。そしてAmazonが巨大化するにつれて、偽物などを販売する良くないセラーも大量に入り込んでしまったという問題があるわけ。Amazonは、そういった悪質なセラーの締め出しを強化しているって言う話だよ。これが、2018年のAmazon輸出のキーワードとなる「マーケットプレイスの見直し」の意味だね。

なるほど…… Amazonが巨大になってしまった結果、そこで偽物を販売する悪質なセラーも増えてしまった、ということですね。

そのとおり。以前はAmazonは、「販売する場所を貸しているだけだから、セラーが偽物を販売しても、Amazonに責任はない」という立場を取っていたんだけど、さすがにこれだけ悪質なセラーが増えてしまうと、Amazonも対策を取らざるを得なくなったんだろうね。もともと顧客第一主義のAmazonだから、悪質なセラーの締め出しを強化し始めているってことだよ。そのためにAmazonは、出品制限を強化したりしているね。

ということは、最近Amazon輸出で増えている「出品制限」や「」にも関係してきますか?

おぉ!いいところに気がついたね。最近、日本からAmazon輸出をしているセラーで話題になるのは「出品制限」と「アカウント停止」なんだよね。出品制限とは、いままで出品できていた商品が出品できなくなることだね。そしてアカウント停止は、偽物などを販売したことによって、一時的にAmazonで販売することができなくなる状態のことね。これは、Amazonが悪質なセラーの締め出しを強化したことによる影響だと考えられるよ。

なるほどー。最近Amazon輸出で出品制限が強化され、思うように出品できなくなった人が、eBay輸出に軸足を移しているという噂も聞きますね。

そうだね。Amazon輸出で稼ぎにくくなったら、eBayやネットショップなど別の場所に軸足を移すのもひとつの戦略だから、いいと思うよ。ただ、なぜAmazonで「出品制限」が強化されているのか、本当の理由を理解しておく必要があるよ。

Amazonで出品制限が強化されている本当の理由ですか?

そう。つまりAmazonは、巨大化してしまった自らのサイトの中に悪質なセラーが大量に入り込んでしまい、偽物などを販売している状況を改善しようとしているわけだよね。そのために出品制限を強化したり、偽物を販売しているセラーをアカウント停止にしたりしていると考えるべきだよ。見方を変えればこのAmazonの「出品制限」の強化は、悪質なセラーを追い出すための措置だから、まじめなセラーにとってみれば、歓迎すべきことだよね。

悪質なセラーとは、主に中国人セラーのことですか?

統計的なデータはないけど、そう考えていいよ。だからしばらくは「出品制限」で混乱が続くかも知れないけど、落ち着いたあとは悪質な中国人セラーがいなくなって、まじめな日本人セラーが稼ぎやすくなる環境になるんじゃないかな。

なるほどー! 悪質な中国人セラーをは除するまでに少し時間がかかるかも知れませんが、そのあとは日本人セラーにとってパラダイスが待っているということですね♪ ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。