【手軽にできる!】中国輸入の稼ぎ方とは?

【手軽にできる!】中国輸入の稼ぎ方とは?

初心者アイコちゃんシリーズ

中国輸入で稼ぐために注意するべきこととは?

あなたはAmazon輸出で儲かる商品を見つけるとき、どのようにしていますか?

ほとんどの人は、「」を利用していると思います。専用ツールを利用すれば、たくさんの儲かる商品がリスト化されますから、便利ですよね。その「儲かるリスト」からAmazonアメリカなどに出品すればいいわけですから、とても簡単です。

でも、Amazon輸出ツールで手に入れた「儲かるリスト」は、よく考えてみれば、全世界のAmazonセラーが、同じリストを手にしているんですよね。だから、短期間では儲かるかも知れないけれど、すぐに世界中からライバルが現れてあまり儲からなくなってしまう、と言う欠点もあるわけですね。

そこで注目されているのが、Amazon輸出ツールを利用しない方法です。その方法にはいろいろあるんですが、代表的なものには、中国で仕入れて販売する「中国仕入れ」がありますね。「中国仕入れ」の特徴は、他のどこよりも安く、大量の商品を手に入れることができることですね。

中国仕入れには主に2つの種類があって、一つはタオバオやアリババなどの中国ECサイトを利用してそこから商品を仕入れる方法です。この方法なら、日本にいながら中国の商品を仕入れることができます。

もう一つは、実際に中国まで行って、自分の「目」で確かめながら仕入れる方法ですね。例えば中国の「義烏市場」という場所があるんですが、そこは世界で最も大きな卸問屋街と言われています。そこで無数にある店舗で実際にさまざまな商品を手に取って確認できます。気に入った商品があったら「サンプル」として日本に送ってもらうこともできます。その商人がどんどん売れそうなら、本格的に大量の注文を出して中国から日本へ送ってもらえばいいわけですね。仕入れるたびに中国に行かなくてもいいんです。

この「中国義烏市場での仕入れ」は、ときどきテレビや雑誌などで取り上げられることもあるので、ご存じの方も多いと思います。

ネットで仕入れる方法と、中国現地まで行って仕入れる方法、どちらも一長一短があります。「ネットで仕入れる方法」は、ネット上でたくさん情報が発信されているので、調べればすぐに取りかかることができますね。

「中国現地まで行って仕入れる方法」は、はじめてであればひとりでは難しいかも知れません。そんな場合は、「中国仕入れツアー」などのキーワードで検索すると、日本人向けの仕入れツアーを提供してくれる人が見つかりますよ。最初はこういった「中国仕入れツアー」、「義烏市場仕入れツアー」を利用するといいと思います。費用的には20万円以上かかってしまうかも知れませんが、よい商品を仕入れることができれば、すぐに元は取れると思いますよ。

ネットで仕入れても、現地で仕入れても、その商品は日本のヤフオク!やAmazon日本で売ることもできます。「中国輸入」などと呼ばれる手法ですね。もちろん、日本だけでなく、Amazonアメリカなどにも販売することもできます。実はこれは、中国国内にいる中国人が行っている販売手法なんですね。中国人は、現地で仕入れた安い商品を、日本より市場が大きいアメリカなどで販売しているんです。

Amazonもそのことはよく分かっていて、中国からアメリカへ輸送するAmazon専用の貨物機や貨物船を提供しているんです。FBAを利用すれば、一度倉庫に収めた商品は手間なく売れていきますから、ほぼ完全自動化のビジネスが簡単に構築できてしまいます。

こういったビジネスモデルは、どんどん参考にして、あなたも「中国仕入れ」+「Amazon輸出」に挑戦してみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。