Amazon輸出ツールであなたの個人情報が盗まれる!?

Amazon輸出ツールであなたの個人情報が盗まれる!?

あなたのリサーチ履歴、売れ筋商品、売上金額、在庫数が丸見えだよ!

初心者アイコちゃんシリーズ


先生! この記事を見てください。アップル社のiPhoneアプリでカメラ機能を使うと、盗み撮りされる危険があるって紹介されています(*_*)

ホントだね。スマホにはGoogleの「Androidスマホ」とアップルの「iOSスマホ」の2種類あるんだけど、アップルのスマホ用アプリは審査がとても厳しいことで有名なんだ。例えば同じアプリでも、Googleの「Androidスマホ」では1週間くらいで販売が許可されるのに、アップルの「iOSスマホ」では1ヶ月以上かかったりするんだよね。つまり、iPhone用のアプリはアップル社が時間を掛けて審査して、それに通過してからやっと公開されるわけなんだ。そんな厳しい審査を通過したアプリが盗撮に使われていたということで、ショッキングなニュースなんだよね。

うーん。私もiPhone利用者なので注意しなければ…… ところで先生。先日のお話で、Amazon輸出ツールにも個人情報を盗んでいるツールがあるって言うのが頭から離れないんですが、本当のことなんですか?

断言はできないよ。Amazon輸出ツールの提供者が利用者の個人情報を盗んでいるかどうかは本人に聞かなければ分からないからね。でも、盗もうと思えば簡単にできるってことだね。

えーーっ!ショッキングすぎます。その話……。もう少し詳しく説明してくれませんか?

うん。まずね、Amazon輸出ツールを使うと言うことは、そのツールを利用して儲かる商品をリサーチしたり、出品したり、価格を調整したり、在庫を確認したり、売り上げを管理したり、顧客とコミュニケーションをとったりするってことでしょ。その情報が、ツール提供者には丸見えってことだよ(笑)

がーん! そんなショッキングなこと、こんなところで発表していいんですか?

ネットでは、誰も言っていないからね。このブログだけの秘密だね。

ツール提供者がそんな大事なこと、利用者に言わないなんてひどすぎます!

Amazon輸出のツールを利用している人は、自分のリサーチ履歴、売れ筋商品、売上金額、在庫数などのすべてが、ツール提供者に盗まれていると考えた方がいいよ。

うぅ、でも、何でそんなことするんでしょうか?

ツール利用者の個人情報が手に入れば、それは貴重な「Amazon輸出のノウハウ」だよね。利用者が這いずり回ってやっと手に入れた儲かるリストを、自動的に大量に手に入れることができるわけだ。それを元に自分で儲けることもできるし、裏で売買することもできるよ。盗んだ情報をまとめてセミナーを開いたり、書籍を出版することもできるわけだね。「私はAmazon輸出の第一人者です。今日はみなさんに特別なノウハウを公開しましょう!」なーんてね。もちろん、「ツール利用者から盗みました」とは言わないよ(笑)

裏では、そんなことが行われているんですね。

実際盗んでいるかどうかは分からないよ。でも簡単に盗めるのは事実なんだよね。ツール利用者の個人情報はアルバイトスタッフでも簡単に盗めるよ。

アルバイトスタッフでも…… 今日はショックで寝込みそうです。ありがとうございました!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。