Amazon輸出よりeBay輸出の方が儲かる!?

Amazon輸出よりeBay輸出の方が儲かる!?

Amazon輸出の出品制限の突破方法とは?

初心者アイコちゃんシリーズ

先生! ちょっと気になるブログ記事を見つけました。そのブログではこれからは「Amazon輸出よりeBay輸出の方が儲かる!」って解説しているんです。

ほー、具体的にどういうこと?

えーと、いまAmazonは、商品を出品するときに購入したときの領収書を提示させたり、出品できるカテゴリーが制限されたりしているので、とても難しくなってきている、と。だから比較的自由に出品・販売できるeBayの方が稼ぎやすい、というのがその理由だそうです。

なるほどね。

そのブログの筆者は、eBay輸出でとても有名な方で、輸出ビジネスの書籍も数冊発行しているんですよ。最近はAmazon輸出のコンサルタントもしてるんです。だから説得力がありますよね。

はは。まぁ確かにその通りだね。

いやいや、先生。「その通りだね」じゃなくて、本当のところを解説してください。

まずね、一部の商品でAmazonでの出品が制限されたり、出品するときの書類が必要だ、というのは本当だよ。でも、それだけでAmazon輸出よりeBay輸出の方が稼げると考えるのはちょっと短絡的だな。

え?!どうしてですか? 出品のハードルが上がれば、稼ぎにくくなりますよね。

まず、どうしてAmazonが一部の商品やカテゴリーの出品のハードルを上げているかについて考えてみた方がいいよ。つまり、それは出品者と販売者を保護するためなんだよ。

うーん、というと?

たとえば、あるカテゴリーの商品は、偽物が多いとかの理由で出品したあとにトラブルになることが多かったとするでしょ。その商品の出品のハードルを上げると言うことは、結果的に出品者と販売者を保護することになるんだよ。

なるほど! 私の友達で、AmazonアメリカでDVDボックスが激安で売られていたので購入したら、偽物だったと言うことがありましたよ(*_*)

そう。万が一偽物を販売したとなると、出品者は法律違反になって逮捕されることもあるし、購入した人もお金を損することになるでしょ。だから、そういったトラブルにならないように、Amazonが防護壁を築いてくれているわけ。

そっか。そう考えれば、Amazonは出品者や購入者にとても優しいサイトなんですね。Amazonに新しく出品者として登録するとき、税務について詳しく聞かれるのは、あとで出品者が税務トラブルに巻き込まれるのを防ぐため、というのも聞いたことがあります。ということは、やっぱりAmazon輸出の方がeBay輸出よりも、長い目で見れば儲かる!ということですね♪

いやいや、そんなことはないよ(笑) 正しいのは「Amazon輸出も儲かるし、eBay輸出も儲かる」と言うことだよ。

えー!せっかく先生の有利になるように話を展開したのに、「Amazon輸出も儲かるし、eBay輸出も儲かる」ですか?

そう。Amazon輸出にも長所と欠点の両方あるよ。そしてeBay輸出にも長所と欠点があるよね。重要なのは、その欠点を解決する具体的な方法を提示することだよ。それがコンサルタントの役割でしょ。「Amazon輸出には欠点がある。私にはそれが解決できない。だからeBay輸出の方が儲かる」なんて言うのは、「自分には問題解決の能力がありません」と盛大に告白しているようなものだよね^^;

確かに! どんなビジネスにも欠点はありますよね。その解決方法を提示するのがコンサルタントの役割ですね。数学の先生が「因数分解は難しい。私はその解法を知らない。だからみんな、数学を捨てて今日から英語を勉強しよう!」なんてあり得ないですよね。そんな数学の先生にお金を払って教わっている生徒は不幸だなー(笑)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。