Amazonに奇策で対抗! ウォルマートのオンライン販売が急成長

Amazonに奇策で対抗! ウォルマートのオンライン販売が急成長

ウォルマート大躍進! 「黄色いスイカ」が大人気!?

初心者アイコちゃんシリーズ



先生、米国では今日もウォルマートの躍進が話題になっていますね。

ほー、そうなんだ。どんなニュース?

えっと、ウォルマートのオンラインでの販売は、ここ数ヶ月で50%増加しているそうです。

50%の増加かー。それはすごいね!

はい。以前ウォルマートはオンライン販売をしていなかったと思いますが、Amazonに対抗するため、最近ではオンライン販売に力を入れているようですね。商品数は7000万点を超えているそうですよ。それに、倉庫の拡充や配送システムなどを構築していて、いまではAmazonに対抗する唯一の存在になっているとか。

もはやAmazonもウォルマートを無視できなくなってきているんだね。

2つ目のニュースでは「ウォルマートはAmazonに対抗するため、秘密の工場で独自の食品を開発している」と言っています。

独自の食品ってどんなの?

えーっと、たとえば、一年中甘いマスクメロン、腐らないで長距離を運搬できるトマト、黄色い皮のスイカなどを開発して、消費者からも大好評のようです♪

すごいね。ウォルマートはGoogleと提携したから、勢いづいているのかな。腐らない野菜とか、奇抜な色のフルーツとか、ちょっと怖い気もするね。

食べても大丈夫なのかなーって気がします(笑)ちなみに「ウォルマートの溶けないアイスクリーム」は、実際には溶けるそうです(^_^)

はは^^;

それにしても、日本から米国のウォルマートに出品できるといいですね。

うん。まだそこまでウォルマートは考えていないんだろうね。AmazonのFBAのような仕組みを作ってくれれば、日本からでもウォルマート輸出できるんだけどね。

現状では、米国で法人を設立するとか、ウォルマートで販売するノウハウやシステムを提供している会社のサポートを得て、販売するしかないですね。

そうだね。でも既にAmazonやeBayもあるから、わざわざ日本からウォルマートで販売する必要はないんじゃないかな。まぁ、将来的にどうなるかは分からないけどね。

これからAmazonは、躍進するウォルマートにどのように対抗すると思いますか?

ネット販売では、Amazonの方に一日の長があると思うよ。ECサイトはもちろん、巨大なFBA倉庫もたくさんあるし、強固な物流網も持っているからね。

なるほどー。

Amazonの強みは、ECサイトだけじゃないんだよね。書籍や映画が見放題になる「プライム会員」は全アメリカ人の約半数が加入しているって言うし、FedExやDHLに対抗する世界的な物流網も自分で持っているよね。それにクラウドサーバー事業や人工知能、宇宙開発まで手がけているんだ。だから、「ECサイトの売上」だけでAmazonとウォルマートを比較するのは、ちょっと無理があるんじゃないかな。

そうですね。Amazonは次世代のテクノロジーを積極的の取り入れているわけですから、ウォルマートの「黄色いスイカ」とは単純に比較できないですね。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。