Amazon英国は並行輸入品を出品してはいけない?

先日ご案内しました、Amazon英国からのブランド商品出品に関する警告の続報となります。

ある特定のジャンルに集中して警告が送信されているのが、ここ数週間の特徴です。

だからといって他のジャンルが大丈夫かというと、一概にそうとは言い切れないですね。

今回の警告では「欧州経済領域(EEA)内のブランド商品を保護するため」となっているため、その対象となる商品やジャンルであれば、警告の対象となり得ます。

あとは、そのブランドを販売する権利者が、警告を発するかどうかの問題です。

なお、「Amazon米国は並行輸入を出品していいが、Amazon英国は並行輸入品を出品してはいけない」という情報もあります。

しかし、これは間違っているようです。

むしろ逆で、「Amazon米国は並行輸入を出品してはいけないが、Amazon英国は並行輸入品を出品してよい」というのが、以前それぞれのAmazonのサポートに確認した時の回答でした。

つまり、Amazonサポートによると、Amazon米国では並行輸入品の出品は規約違反になるのですが、Amazon英国ではOK、ということです。

ではなぜ並行輸入品の出品が許可されていないAmazon米国で問題がなく、許可されているAmazon英国でこのような問題が起こるのか?

今回は、並行輸入品と言うよりも、欧州経済領域(EEA)のブランド商品保護という意味合いが強いようです。

これはAmazon輸出と言うよりも、個人輸出全体のハードルです。

Amazon輸出とよく比較されるeBay輸出でも、ブランド品を出品してEEAから警告を受けたという事例が過去に多数あるようです。

今後流行すると予想される、Facebook輸出、Google輸出、iPad輸出でも、同じような問題が起こりそうです。

このような問題はひとりで対策をとることは難しいので、どれだけ情報を共有できる仲間がいるかが重要になります。