日本郵便の越境EC・海外発送サービスが拡充!

日本郵便の越境EC・海外発送サービスが拡充!

海外発送代行サービスと日本郵便どちらを利用すべきか?

Amazon輸出 初心者アイコちゃんシリーズ



最近日本郵便が、輸出ビジネス向けのさまざまな配送サービスを始めていますね。

うん。いろいろ種類があって、どうなっているのかよく分からないね(笑)

はい^^;

日本郵便のサービスは、日本郵便に聞くのが一番簡単だよ。新しく始まった輸出ビジネス向けの発送サービスについて詳しく知りたいなら、近くの郵便局の窓口に行って直接聞いてみるといいよ。

そうですね。それが一番簡単です♪ ところで、どうして日本郵便は輸出ビジネスや越境EC向けの新サービスを提供し始めたんでしょうか?

いろいろ理由はあると思うけど、ライバルが増え始めたからじゃないかな?

日本郵便のライバルですか?

そう。例えばAmazonなら、以前からFBAというサービスがあるでしょ。そしてeBayもFBAに似たサービスを始めたよね。海外発送を請け負う小規模な会社も増えてきたし、さらに最近は個人が宅配を請け負うことができるサービスも始まっているよ。昼間ヒマな主婦や会社帰りのサラリーマンが、荷物を配送して稼ぐことができるやつね。それに宅配ロッカーも少しずつ普及してきているよね。さらに脅威なのは、「ドローン配送」と「自動車の自動運転」技術じゃないかな。ドローン関連の重要な特許のほとんどはAmazonが取得してしまったから、もはや日本郵便では太刀打ちできないよ。ドローン配送が本格化すれば、日本郵便はAmazonからドローン技術を借りてやっていくしかないよね。基幹技術をAmazonに頼らなければならないとなると、コストもリスクも高くなるよ。Amazonが「日本郵便には使わせない」と言ったらそこでジ・エンドだからね。それに自動車やトラックの自動運転技術が普及すれば、そもそも「日本郵便などいらない」なんて世の中になるかも知れないよ。Amazonは、トラック専用の自動宅配システムを既に稼働させ始めているよ。

なるほど! 知らない間に世の中は日本郵便のライバルだらけになっていたんですね。

そこで日本郵便としては、生き残りを賭けてこれまで手薄だった輸出ビジネスや越境EC向けのサービスを拡充させてきたんじゃないかな。

そう考えると、日本郵便はずいぶん追い込まれているという見方もできますね。

そうだね。ただやはり配送という面では、日本郵便はまだまだ盤石だよね。例えば海外発送する際、日本郵便から発送された貨物は、税関、通関、関税などで優遇されることが多いんだよ。

え!? 日本郵便だけ特別扱いされているケースがあるんですか?

うん。たくさんあるよ。そもそも「郵便」という仕組みは、大切な書類を届けるという使命があるでしょ。だから世界中で、「郵便物はできるだけ早く正確に届ける」というシステムができあがっているわけ。各国の法律でもそうするように決められているからね。その名残があるから、日本郵便から発送された貨物は、FedExやDHLなどから発送されたものより、最優先で取り扱われたり、関税が安くなったりするんだよ。

そんなことがあるんですね。

だから、Amazon輸出をする上でも、日本郵便を利用する利点は多いよ。それともうひとつとても重要なことは、「個人情報の取り扱い」だね。

Amazon輸出で商品を発送する際の「個人情報の取り扱い」ですか?

うん。たとえばいまは、日本郵便以外にもたくさんの「海外発送代行サービス」があるでしょ。そういったサービスを利用すると、段ボールの中に何が入っているか、「海外発送代行サービス」のスタッフに丸見えになるよ。

え!? スタッフに丸見えになるんですか? 例えば私がフィギュア、ゲームソフト、DVDを日本からAmazon米国のFBA倉庫に送るときに、海外発送代行サービスを利用したとしますよね? そうすると、そのスタッフは、私がどんな商品を何個送ったのか全て分かると言うことですか?

うん。ぜんぶ分かるよ(笑)各商品の販売価格や送り先住所なども分かるね。

げげっ! それはとても困りますし、怖いです……

これが、海外発送代行サービスを利用する場合のリスクだね。そして盗んだ個人情報を転売したり、自分のビジネスに活用しているんだよ。だから、ほとんどのAmazon輸出やeBay輸出のネット塾は、「海外発送代行サービス」と提携しているでしょ? これはなぜかといえば、個人情報を盗むためでもあるんだよね。利用者はそんなことに気がつかず、「輸出塾と海外発送代行サービスがくっついていて便利だ」なんて思っているんだよね。

うげー^^; それは知りませんでした>< だから「A塾 Amazon輸出専門塾」はどこの海外発送代行サービスとも提携していないんですね。

そのとおり。その代わり、本当に信頼できる海外発送代行サービスを紹介しているよ。そこからお金をもらったり、個人情報をもらっているなんてことは絶対にないからね。そもそも輸出塾が海外発送代行サービスと提携するってことは、そこからいくらかの紹介料や個人情報をもらうっていう契約が大前提だからね。本当に信頼できる海外発送代行サービスを会員に紹介しているわけじゃなくて、自分たちに都合のいいサービスと裏取引しているだけだよ。それを利用者は「輸出塾と海外発送代行サービスがくっついていて便利だ」とか「料金が安い」なんて言って利用しているんだから滑稽だよね。

怖い話ですね。

だけど日本郵便なら、個人情報が盗まれるリスクはかなり少なくなるよね。「利用者がどんな商品を売って儲けているのかこっそり盗んで、自分のビジネスに活用しよう」なんて思っている郵便局員はいないだろうし、そもそも個人情報の取り扱いも厳重に守られているはずだよ。だから、これからは海外発送代行サービスより日本郵便を利用した方がいいんじゃないかな。

なるほど分かりました! ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。