中古レコードせどりが人気!? オススメの仕入れ場所とは

中古レコードせどりが人気!? オススメの仕入れ場所とは

中古レコードの仕入れは「神保町」で決まり!

Amazon輸出 初心者アイコちゃんシリーズ


先生。中古レコードの人気が復活しているってニュースが流れていましたよ。

ホントだね。レコードにはCDにない魅力があるからね。

CDにない魅力ですか? 例えばジャケットとか?

うん。ジャケットもそうだね。芸術的なジャケットもたくさんあって、楽しめるよね。日本では1985年ぐらいにレコードからCDに切り替わる時期があったんだけど、当時は「レコードジャケットを楽しめなくなる」って声が多かったらしいよ。CDのジャケットは小さいから、芸術家の手腕が発揮できなくなる、ってことね。

なるほどー。確かにCDの小さい表紙じゃ、芸術的な才能を発揮するのは難しいですね。

うん。それと、「中古レコードの魅力は音質」という人も多いよね。

「音質」ですか? レコードよりCDの方が高音質って印象がありますよね?レコードよりCDの方が新しいから音もいいんだと思いますけど……

ボクも音質についてはあまり詳しくないんだけど、CDの場合は高音域と低音域がカットされているから、カットしていないアナログレコードの方が音質がいい、と考えている人も多いみたいだね。ただそれは、勘違いらしいよ(笑)

うーんと、ちょっと分からなくなってきたのですが、つまり「本当はCDの方が音質がいいんだけど、アナログレコードの方が音質がいいと勘違いしている人が多い」ってことですか?

どうもそうらしいね。以前は実際にCDのある領域の音域をカットしていたから、その時の印象が残っているんじゃないかな。いまのCDは、昔のCDより高音質なんだけどね。あとは、昔のものを懐かしむ気持ちが、「レコードの方が素晴らしい」と思い込ませているのかもね。

なるほどー。それで、一部の人たちに「」が人気なんですね。

そうだね。いまは中古レコードは手に入りにくいよね。Amazonやヤフオク!、メルカリなどに出品されているから、そこで探すこともできるけど、店舗で仕入れるなら「神保町」がオススメだよ。

レコードを仕入れるなら「神保町」ですか? 神保町というと、先生が「Amazon輸出 実践編」で紹介した仕入れ場所ですよね? 神田古本街、スポーツショップ街、中古楽器店街などがあるところですよね?

うん。「東京都千代田区神保町」ね。新御茶ノ水や水道橋から歩いて行けるよ。坂がきついけど(笑)

その神保町に、中古レコードの仕入れの穴場があるんですか?

うん。あるよ。でも中古レコード店そのものがほとんどなくなっちゃったから店舗数は少ないけどね。それでもボクの知っている限りでは、中古レコード店が一番集中している場所は神保町だと思うよ。あとは、秋葉原かな。

先生は、神保町によく行かれるんですか?

以前はよく行ってたよ。歩いて10分くらいのところに住んでいたからね。電車に乗れば10分くらいで秋葉原にも行けるからね。詳しくは「Amazon輸出 実践編」で地図入りで解説しているから、確認してみて♪

はーい! 先生の地図を頼りにビートルズとかディープパープル、レッドツェッペリンの中古レコードを探しに行ってきまーす♪

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。