Amazonスウェーデン 2018年内に誕生!?

Amazonスウェーデン 2018年内に誕生!?

初心者アイコちゃんシリーズ

2018年内にスタートへ!

Amazon輸出の利点は、日本にいながらパソコン一台で世界を相手にビジネスができることですよね。いま日本は、子どもが少なくなってきているし、超高齢化社会出し、人口も急激に減少し始めているから、国内だけのビジネスでは、近い将来やっていけなくなると言われていますね。

ところがAmazon輸出なら、そういった日本経済の衰退がむしろ有利になるわけですから、どんな人にとってみても有利なビジネス、将来性のある事業と言えるんですね。

いまAmazonは、世界中でたくさんの国や地域でビジネスを展開しています。アメリカはもちろん、、イタリア、、中国、オーストラリア、メキシコなどですね。

そんな中、海外のニュースサイトで「Amazonスウェーデン」が2018年以内に誕生する、と言うニュースを目にしました。Amazonの新しいサイトが立ち上がると言うことですね。この「Amazonスウェーデン」について、Amazon輸出の先生に聞いてみましょう♪

ところで数日前、「Amazonスウェーデン」が2018年内にスタートするのではないかという情報を入手しました。世界中にAmazonのサイトが増えていくことは、ワクワクしますね。

そうだね。スウェーデンの場所を地図で確認してみよう。これで何が分かるかというと、スウェーデンは「欧州圏」にある、ということだね。これはとても重要だよ。

Amazonスウェーデン 2018年内に誕生!?

え? そうなんですか。なぜ欧州圏にあるのがAmazon輸出にとって重要なんですか?

Amazonの経済圏は、主に3つに分けることができるんだ。アメリカを含めた北米圏、アジア圏、そして欧州圏だね。

なるほど、Amazonの欧州圏は、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインの5ヶ国ですよね。ここにスウェーデンが加わって合計6ヶ国になって、より大きな経済圏が誕生する、ということになりますね。

そういうこと。特にAmazonの欧州圏は、日本から出品するハードルが高いため、日本人ライバルが少ないという利点があるんだ。しかもセラーセントラル(出品者専用の管理画面)では複数の国を一つの管理画面で操作できるようになっているから、まるで1つの国のように出品したり、販売、管理ができるようになっているんだ。

そこに、新しい国「スウェーデン」が加わると言うことですね。

そうだね。スウェーデンそのものは人口が1000万人くらいで、GDPも世界19位だから、それほど大きな経済圏じゃないんだけど、「欧州圏」というひとまとまりで見ると、巨大なマーケットになり得るんだ。

Amazonスウェーデンについてはまだ情報がほとんどないんだけど、欧州の一つとしてAmazonに加わるはずだよ。セラーセントラルからも、「スウェーデン」というタブが追加されて、簡単に操作できるようになるだろうね。

わかりました! Amazonに新しい国が加わると言うことで、ワクワクします♪

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。