Amazon輸出の独自の仕入先の穴場とは?

Amazon輸出で今後重要となるノウハウには3つあることを説明しています。

つまり、(1)独自の仕入先、(2)ネットショップとの連動、(3)顧客リスト収集のノウハウです。

実践編でも紹介したとおり、独自の仕入先についてはいくつか方法があります。

例えば「1万円で中古カメラ仕入れサイトを作る方法」などは、とても大きな反響と問い合わせがあります。

ドメインとレンタルサーバー、無料のワードプレスとそれに付属の検索機能、そしてデザインの部分だけをSOHOさんにお願いすれば、中古カメラ仕入れサイト程度のものは誰でも1万円で作ることができます。

ここで一番重要なのは、システム会社やデザイン制作会社にだまされない知識を頭に入れておくことです。

そうでないと、数十万円程度のお金は簡単にすっ飛んでしまいます。
(詳しくは実践編で(笑))

なお、こういった仕入れサイトは一度作ってしまえば手放しです。

より多くの集客を望むのであれば、SEO対策やPPC広告、アフィリエイト広告などを利用することになります。

他にも実店舗との提携や秋葉原の仕入れマップなど、方法はいろいろあります。

Amazon輸出では、ますます独自の仕入先が重要になっていくことは間違いありませんね。

そんな中、私の知り合いがとてもインパクトのある企画を立ち上げました。

サイトに書かれた内容を読むだけでも、今度のAmazon輸出のヒントをたくさん発見することができます。

独自の仕入れ方法の悩みを解決したいなら、まずは下記ページを開いてみてください。

「ブラックフライデー LA買い付けツアー」