Amazon輸出の儲かるリストは儲からないの法則

「Amazon輸出の儲かるリストは儲からない」

少し考えれば誰でも分かることなのですが、あえてこの話題を取り上げてみたいと思います。

私の周りにも、リストを購入して後悔したという人が少なからずいるからです。

「Amazon輸出の儲かるリスト」とは、主にAmazon日本と米国で価格差のある商品をリストにしたものです。

○○という商品がAmazon日本で1万円、Amazon.comで3万円(約375ドル)で売られていたとします。

両者には価格差があるため、日本で仕入れて米国で出品すれば儲かる、ということがわかります。

こういった「価格差」のあるものをリスト化したものが、「儲かるリスト」と呼ばれるものです。

この儲かるリストを1人で利用するならいいのですが、多数の人に販売したとなると話が違ってきます。

そのリストを100人が見れば、ライバルが100人増えてしまうことになるからです。

その1割の10人がこの商品を仕入れ、Amazon.comで販売しただけでその商品は飽和してしまいます。

10人のうちの1人は我慢できずに価格を大きく下げて販売しようとするでしょう。

勝者のいない価格下落競争の始まりです。

「儲かるリストが1万件あれば、ライバルと重複しないだろう?」と思うかも知れませんが、そうでもありません。

ファイルで一括登録してしまえば、1万件を出品することも簡単にできてしまうからです。

販売者にも大きなリスクが…

実は、儲かるリストを販売する側にも大きなリスクがあります。

本当は儲からないリストを「儲かるリスト」として販売しているわけですから、一度真実に気がついてしまえば、販売者に対してはマイナスのイメージしかつかなくなります。

「飽和させないため、販売数を限定します」という説明も、ウソの上塗りで虚しいだけです。

リスト販売者は、少しのお金と引き替えに、大きな信用を失っているのです。