eBayがロシア進出だって!? どうするAmazon

実は急成長しているeBay、ロシアを足がかりにAmazonを凌駕するか?

eBayがロシア事業を本格化させているというニュースがあります。

eBayがロシア進出だって!? どうするAmazon

EBay Exports Its Russian Growth Tactics to Catch Amazon, Alibaba

eBayは、Amazonやアリババの世界的な躍進の後塵を拝しているため、一発逆転をねらって「ロシア進出」を本格化させているようです。

私はこのブログでさんざんeBayの悪口を言っていますが、実はeBayの売上は急成長していて、業績や株価も絶好調です。

そのeBayが最近注目しはじめたのが「ロシア」です。eBayは、「ロシア国内でECを利用した輸出ビジネスの芽があることに気がつき、そのためのシステムを改良したところ、ロシア人の輸出が50%急増した」ということです。

これをヒントにeBayはロシア戦略を本格化させ、Amazonやアリババとの遅れを一気に挽回する足がかりを得ようとしています。

しかし、私のeBayに対する考えは変わりませんw

今は世界中でECビジネスが急拡大しているので、その波に乗ってeBayの業績も絶好調です。しかしeBayの急成長は時代の流れに乗っているだけで、ひとたびそれが停滞したり、新しい時代に移行したら、eBayはひとり負けの状態になります。

Amazonは、新テクノロジー開発への巨額な投資を続け、基幹技術の特許取得を連発しています。しかしeBayは、次世代の新テクノロジーについては何も手を打っていないからです。

次世代のテクノロジー

人工知能、フィンテック革命、ブロックチェーン技術、、宇宙開発、、位置情報、、IoT、クラウドファンディングなどの技術革新が急速に発達し、お互いの技術が融合して革新的な産業が生み出されること。「テクノロジー4.0」、「次の産業革命」などとも呼ばれる。現在は、第3次から第4次へのテクノロジー革命の過渡期にある。EC業界にも、革新的な変化が訪れると予想される。AmazonのCEOジェフ・ベゾスは、2016年に「現在はテクノロジーの黄金期にさしかかっている」と提言し、次世代テクノロジー開発に巨額の投資を続けている。

ロシア輸出ビジネスはこれからが本番!

ちなみに日本とロシアの関係は、今どうなっているのでしょうか?

日本の報道では、2016年末の日本とロシアの平和交渉()は失敗に終わったという見方が強いようです。特に北方領土返還については、ロシアのプーチンが「北方領土を返したとして、そこに米国が軍事基地を造ることは許されないぞ」と迫ったところ、安倍首相は「私ひとりでは判断できない」と答えてしまったため、交渉が決裂したと言われています。

ロシアとしては、北方領土に米国軍基地が作られるのは、政治上絶対に許されません。玄関前に敵国の核ミサイルが配置されるようなものだからです。プーチンが念のため確認したところ、安倍首相が曖昧な返事をしたので交渉は打ち切られた、ということのようです。

ただ、北方領土の交渉は立ち消えになっても、経済的な和平交渉は続いているようです。ロシア専門家によれば、2016年末の「日露平和条約締結交渉」は大成功だったと言うことです。

ロシア輸出ビジネスはこれからが本番です。

実は「安部・プーチン会談」は大成功だった! SPA! (スパ) 2016年 12/27号

実は「安部・プーチン会談」は大成功だった! SPA! (スパ) 2016年 12/27号

>> ロシアのクリスマスシーズンは1月上旬

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。