AmazonのAIスピーカーがシェア50%!

AmazonのAIスピーカーがシェア50%!


AmazonのAIスピーカーがシェア50%!

リビングルームの覇権争い 勝者はAmazon!?

Amazon輸出 初心者アイコちゃんシリーズ

先生。AmazonのAIスピーカーがシェア50%というニュースがありましたよ。

ホントだ。いま、Amazon、Google、AppleなどがAIスピーカーを販売しているけど、海外メディアは、Amazonが圧勝すると分析しているね。

AmazonのAIスピーカーが圧勝すると、どのようなことが起こりますか?

まず、Amazonに注文するときの流れが変わるよね。いまなら、Amazonで商品を購入しようとした場合、パソコンやスマホでAmazonのサイトを開いて、商品を検索して購入するでしょ。これが、音声で「●●商品を明日の夕方に届けて」ってAIスピーカーに話しかければ、時間通りにその商品が届くことになるね。

それは簡単でいいですね(^_^)

AmazonのAIスピーカーの普及率が他社を圧倒すれば、他のECサイトで購入する人が少なくなるよ。つまり、Amazonの売り上げがさらにアップするということだね。

なるほど!

AIスピーカーは、スマホに代わるデバイスという人もいるから、そのインパクトはとても大きいよ。さらに年配の人は、パソコンやスマホよりAIスピーカーの方が使いやすいだろうから、いままでネットで注文しなかった層にも、あっという間に普及していくんじゃないかな。

例えば、お孫さんの家とおじいちゃんの家にそれぞれAIスピーカーを置いて、遠隔地で会話できたりするでしょうね。タクシーの予約もできたり、いつも行く病院の混雑具合を調べたりできるようになりますね。そういったことをきっかけにAmazonのAIスピーカーが普及していけば、ついでに買い物をしようとなったときにAmazonから購入する人が増える、ということになるでしょうね。

そのとおりだね。さらにAIスピーカーは、近い将来「仮想現実(VR)」や「拡張現実(AR)」の機能を持つようになるはずだよ。

え?! VRとARですか?

そう。わかりやすい例でいえば、AIスピーカーとプロジェクターやホログラムのようなものを使って映像が映し出されるようになるんじゃないかな。

えぇ!!! それは画期的ですね♪

映し出された映像スクリーンやホログラムに孫の姿が映ったり、買いたい商品が映し出されるようになるはずだよ。そうなると、AIスピーカーの域を超えたデバイスになるね。

たしかに、そうなる可能性は十分ありますね。

その時までにどこの企業がAIスピーカーを制覇するかが勝負だよね。次の時代の「AIホログラム」で優位に立つには、その前の段階のAIスピーカーをリビングルームに置いてもらうのが必須条件だからね。自社のAIスピーカーの普及率が高ければ高いほど、次の「AIホログラム」の時代に優位に立てるからね。

Amazonは企業のブランドイメージがとても高いですから、安心してAIスピーカーを利用できますね。でもGoogleは個人情報を盗んでばかりで世界中で非難されたり訴訟を起こされていまから、AIスピーカーもGoogleではなくAmazon製を選んでいる人が多いのかも知れませんね。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。