「マレーシア」の記事一覧

【お詫び】「Amazonマレーシア誕生」は偽ニュースでしたm(_ _)m

前回ご案内しました「Amazonマレーシア誕生」のニュースは、やはり偽ニュースだったことが分かりました。お詫びして訂正いたします。 なお、このAmazonマレーシア誕生のニュースは海外でも大きく取り上げられ、様々なメディ …

Amazonマレーシアが2017年後半に誕生! ドメインは「Amazon.my」

※Amazonマレーシア誕生のニュースは海外メディアで広く紹介されていますが、エイプリルフールの「偽ニュース」の可能性があります^^; Amazonマレーシア誕生にマレーシア国民は歓喜しているということですが、実際にこの …

フィリピンは世界最強の移住先!

なぜフィリピン人は世界で活躍することができるのか? 前回ご説明したとおり、フィリピン国民の10%(約1,000万人)は海外で仕事をしています。フィリピンにいれば、世界中に個人間のコミュニケーションを一瞬で作れてしまいます …

中国輸出は時代遅れ!? 輸出ビジネスの新潮流はこれだ!

■ 中国輸出は時代遅れ!? 輸出ビジネスの新潮流はこれだ! ネットニュースを見ても「中国輸出」、友達と話していても「中国輸出」…… いま、ネットビジネスではどこも「中国輸出」の話題で持ちきりですw 私は儲かるなら何をやっ …

仕入れを安くする究極技「仕入れサイト」を作ろう(3)

■ 仕入れを安くする究極技「仕入れサイト」を作ろう(3) 「中古商品買い取りサイト」は、誰でも簡単に作ることができます。仮にそれがとても難しいとなれば、専門業者に30万円~60万円で依頼するしかないでしょう。しかし、サイ …

東南アジアのEC市場 最大の弱点とは?

■ 東南アジアのEC市場 最大の弱点とは? 東南アジアのEC市場、2020年までに250億ドル超の見込み■ 東南アジアのEC市場がいま注目されています。 私は2013年の9月からフィリピンに移住しています。 「東南アジア …

中国輸入・中国輸出は要警戒。ジョージ・ソロスの「人民元売り浴びせ」が間近に迫っている!

  「ジョージ・ソロスの『中国 人民元売り浴びせ』が間近に迫っている。中国輸入、中国輸出実践者は、警戒しておいた方がいい」。 私がこのように言っても、おそらくあなたの心には何も響かないでしょうw 私は経済の専門 …

Amazon輸出初心者に最大100万円の補助金が出る!

Amazon輸出の初心者は、最大100万円の補助金をもらえるチャンスがあります。 「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」が中小企業者に、最大で100万円の海外輸出(越境EC)の補助金を出すそうです。 ■中小企業越境ECマ …

Amazonインドネシア誕生へ!

Amazonインドネシアが、近いうちに誕生します。Amazonが「Amazonインドネシアの誕生」を公式に発表しました。「Amazonインド」ではなく、「Amazonインドネシア」ですね。 東南アジアで最も注目される国の …

子どもの画像

「Amazon輸出ビジネスを成功させたい」、「Amazon輸出で稼ぎたい」というご相談を、毎日たくさんいただきます。 相談される方の心の中には、「Amazon輸出はビジネスとして成り立つのか?」、「本当に稼げるのか?」、 …

Amazon輸出 最新ツール『バイキング』

Amazon輸出ツール『バイキング・シリーズ』は、Amazon輸出に必須の機能はもちろん、「初心者に優しい」、「わかりやすいデザイン」、「非力なパソコンでも快速動作」、「インストール制限なし」、「マルチ画面機能」、「リス …

あなたが知らされていないAmazon輸出の未来とは?

■ あなたが知らされていないAmazon輸出の未来とは? Amazon輸出とは、日本国内で仕入れた商品をAmazon米国などに出品して収入を得るというビジネスです。世界中には、日本の製品を欲しがっている人たちがたくさんい …

ペイオニアとWorld Firstを徹底比較 A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2014年12月 月刊音声セミナー 97ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間18分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク!

■ ペイオニアとWorld Firstを徹底比較 A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2014年12月 月刊音声セミナー 97ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間18分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク! A塾アマ …

no

【A塾 Amazon輸出専門のネット塾 07月度 音声セミナーの内容】 合法?違法?Amazon輸出 ライバルの情報を盗む裏ワザ大特集 Terapeakや自動巡回ソフトを使っているうちは、その他大勢のライバルから抜け出す …

no

Amazonイタリアとスペインで「アメリカの銀行口座」が使える! 最近、優秀なスタッフから「Amazonイタリアとスペインでも米国の銀行口座が登録できるようになりました!」という報告をいただきました。 さっそく各サイトで …

no

【A塾 Amazon輸出専門のネット塾 07月度 音声セミナーの内容】 【A塾 Amazon輸出の個別サポート 07月度 音声セミナーの内容】 ■合法?違法?Amazon輸出 ライバルの情報を盗む裏ワザ大特集 ■Amaz …

no

Amazon韓国が近いうちに誕生しそうです。 韓国内でネットショップを立ち上げるために、AmazonとKOTRA(大韓貿易投資振興公社)が提携しました(2012年8月30日)。 Amazonの海外進出の方法は主に2つある …

no

Amazonを買い物サイトとして利用している人から見れば、Amazonでのビジネスにそれほど可能性があるとは感じられないでしょう。 「Amazonは、衰退はしないけれども、大して成長もしない。 ネットショップとしての品揃 …

no

■そんな訳で、数年後に来るかも知れない日本が破綻したその時、日本にそのまま残ってもいいのですが、いざ海外に逃げる!という選択もあります。 海外に逃げる場合は、「どこに逃げるか」、「逃げた後どうするか」という問題があります …