no

「中国輸入はタオバオ」の勘違い


■中国からの輸入というと、ほとんどの人は「」を想像しますね。

なぜタオバオを連想するかというと、「中国輸入はタオバオ」という書籍が出版されていたり、情報商材やブログを見ても、「中国輸入はタオバオ」と紹介している人がほとんどだからです。

■タオバオは、オークションサイトです。
本物か偽物かが分からないものを、一つ一つ落札(仕入れ)する方法です。
お小遣い程度は稼げると思いますが、ビジネスとしては成り立たないですね。

もちろん、タオバオ落札代行サービスを利用したり、その後出品者と連絡をとって、継続的なビジネスパートナーになるという方法もありますが、どちらにしても余計なお金と時間がかかります。

■中国からの仕入れの有力な候補として、タオバオの他に「」があります。

アリババは、卸問屋、工場と直接取引ができるため、価格が安く、安定して仕入れることができます。
アリババから仕入れることが出来れば、ビジネスとして成り立つ可能性がグッと高まります。

・タオバオ:オークションで本物かどうか分からないものを一つ一つ落札
・アリババ:卸問屋、工場と直接取引で格安仕入れ

ビジネスとしては、アリババの方が圧倒的に有利です。
他のせどらーがオークションの「タオバオ」ばかりに目が行っている今は、アリババはライバル不在で「大チャンス!」と言えます。

■しかし、アリババにも欠点はあります。
この欠点を知らずに「アリババ輸入ビジネス」を進めてしまうのは危険を伴います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。