no

FBA vs 無在庫


Amazon輸出の未来を予感させる「Amazon EU」ロゴ

Amazon輸出の未来を予感させる「Amazon EU」ロゴ

Amazon欧州 商品検索サイト

AmazonEUというロゴは、このサイトで初めて見ました。

Amazon欧州の各サイトの商品検索と、送料の注意書きだけのサイトです。
特に使い勝手がいいというわけでもないです。

それでも、AmazonEUというロゴには未来を感じますね。

URLからわかるとおり、正真正銘、Amazonが提供しているAmazon欧州の商品検索サイトです。

Amazon輸出 = Amazon.com輸出?

Amazon輸出というと、主にアメリカのAmazonを利用した輸出を指すのが一般的です。

Amazon.comでの輸出を実現するために、米国の銀行口座、米国の法人設立が必要だという情報が配信されるケースもあります。

そのため、わざわざ渡米する人もいるようです。

個人の環境にもよりますが、Amazon輸出に米国の銀行口座、米国の法人設立は必須ではありません。

米国だけじゃない、世界中にあるAmazon

そして、米国だけでなく世界の主要国でAmazonはサービスを始めています。

世界的に見て、Amazonは「」、「Amazon欧州」、「Amazonアジア」の3つに分類できます。

Amazon.comのFBAに在庫を預けてしまうと、他の国を利用したAmazon輸出、つまり世界Amazon輸出ができなくなります。

FBAマルチチャネルを利用すれば理論上は可能ですが、現実的には不可能です。

Amazon輸出は今後2つの大きなスタイルに別れる

Amazon.comを利用したAmazon輸出は、ライバルの増加などで、今後難しくなっていくかも知れません。

特に、日本の銀行でもAmazon.comでの報酬受け取りオッケー、となった後には、日本からのAmazon.comを利用したAmazon輸出のライバルが急増するはずです。

Amazon輸出の今後は、

  1. Amazon.comとFBAを利用した【Amazon.com FBA輸出】(日本からのライバルが増えても米国AmazonのFBAを利用していれば有利に立てる)
  2. 世界のAmazonに無在庫で出品し、売れてから仕入れて日本から発送する【無在庫型 世界Amazon輸出】

という2つのスタイルになっていくはずです。

Amazon輸出 2つのスタイルを徹底比較!

「Amazon.com FBA輸出」と「無在庫型 世界Amazon輸出」いったいどちらが儲かるでしょうか?

まずは「Amazon.com FBA輸出」と「無在庫型 世界Amazon輸出」の利点と欠点を比較してみます。

Amazon輸出 2つのスタイルを徹底比較!

Amazon輸出は今後この2パターンに別れる

「Amazon.com FBA輸出」と「無在庫型 世界Amazon輸出」の利点と欠点を比較してみます。

Amazon.com FBA輸出の利点

  1. FBAを利用するので、一度預けてしまえば発送がラク
  2. FBAを利用しない日本からのライバルが増えても太刀打ちできる
  3. 顧客満足度が高くなるため、Amazon内での評価が他のライバルより高くなる

Amazon.com FBA輸出の欠点

  1. 販売先が米国内に限定される
  2. Amazon.comのFBA倉庫に預けるまでに手間とお金がかかる
  3. 商品が手元になく自由に扱えない
  4. 無在庫での出品はできない
  5. 時代の変化に対応しにくい

無在庫型 世界Amazon輸出の利点

  1. 無在庫なので資金ほぼゼロ円でスタートできる
  2. 自宅からの発送なので、在庫を自由に管理できる
  3. 米国だけでなく、世界の主要国でビジネスできる
  4. 時代の変化に対応しやすい

無在庫型 世界Amazon輸出の欠点

  1. 発送がめんどう
  2. Amazon内での評価が低くなりがち
  3. 一度にたくさん売れた時に困る
  4. 発送できずにキャンセルを繰り返した場合、AmazonID削除の可能性

短期的に見れば、「Amazon.com FBA輸出」の方が稼ぎやすいと思います。
ただ、その優位性は1年後には逆転しているはずです。

「Amazon.com FBA輸出」は、ターゲットが米国だけに限定されること、商品を自由に扱えないこと、無在庫で出品できないことが、時間が経てば経つほど、ボディブローのように効いてくるはずです。

一方の「無在庫型 世界Amazon輸出」は、発送がめんどう、Amazon内での低評価とID削除のリスクがあります。

それでも、無在庫での出品が可能、在庫を自由に管理できる、米国を含めた世界の主要国をターゲットに出来る、という利点があります。

Amazon.com FBA輸出 vs 無在庫型 世界Amazon輸出の結論は?

柔軟性と将来性と考えると、「無在庫型 世界Amazon輸出」が有利と言えます。

ただ、どちらが儲かるかといえば、「引き分け」という感じです。

「Amazon.com FBA輸出」も、現地に信頼出来るパートナーを見つけ、FBAを使いこなせば、つまり「Amazon.com FBA輸出」に一点集中して最大の力を注ぎ込めば、大きな利益が期待できます。

しかし、最も儲かるのは、第三の男かもしれません。

Amazon.com FBA輸出 vs 無在庫型 世界Amazon輸出。そして第三のサービス登場!

そして第三の男 登場!

Amazon.com FBA輸出 vs 無在庫型 世界Amazon輸出。そして第三のサービス登場!

このAmazon.com FBA輸出 vs 無在庫型 世界Amazon輸出に、第三のサービスが割って入ってくると予想します。

それは、「世界Amazon輸出 代行」です。

もしかしたら一番儲かるのは、「世界Amazon輸出 代行」かも知れませんw

現在でも、「FBA代行」というサービスはあります。

これは、主に「仕入れたものをFBA代行会社に送ると、FBA代行会社はあなたに代わって日本のAmazonFBAの倉庫に発送してくれる」というサービスです。

実際にやったことがある人はわかると思いますが、FBAへの納品は意外とめんどうです。

特に中古の場合は、中身をチェックして、商品の状態を正しく選択し、シールを張って、梱包して、発送する、という作業が必要になります。

仕入れのために遠征(遠くの場所への仕入れ)したり、仕入れをしながら全国を旅しているせどらーにとって、FBA代行は便利なサービスです。

また、海外からの荷物に関税がかかっていた場合、代理で関税を払ってくれるFBA代行もあります。

FBA代行を使いこなすと、海外に移住しながら月収10万円の収入を得るのも、そう難しいことではありません。

世界Amazon輸出 代行の具体的な内容とは?

これを「世界Amazon輸出 代行」に当てはめてみると、こういう流れになります。

  1. あなたに代わって、世界のAmazonに出品者として登録代行
  2. 銀行口座、法人設立など、あなたに最適なサービスを紹介し、必要な作業を代行
  3. 世界のAmazonでの無在庫出品を代行
  4. 無在庫出品している商品の価格改定を代行
  5. 売れた商品の仕入代行
  6. 売れた商品の発送代行
  7. 顧客からの問い合わせ対応(英語または多言語)
  8. 海外販売での税務、法律アドバイス

Amazon.com FBA輸出 vs 無在庫型 世界Amazon輸出 vs 世界Amazon輸出 代行

一番儲かるのは誰か?といえば、3者とも甲乙つけがたいです。

そのビジネスに集中した人が一番儲かる、ということになりそうです。

コメント

  1. […] (※ Amazon.com FBA輸出 vs 無在庫型 世界Amazon輸出 vs 第三の男) […]

  2. […] (※ Amazon.com FBA輸出 vs 無在庫型 世界Amazon輸出 vs 第三の男) […]

コメントする


※メールアドレスは公開されません。