ネットビジネス最大で唯一の成功ノウハウを公開するよ♪-2

ネットビジネス最大で唯一の成功ノウハウを公開するよ♪-2

Amazonセラーが顧客リストを集める具体的な方法とは?

Amazon輸出 初心者アイコちゃんシリーズ


先生。先日は、Amazonの顧客リストについて説明していただきました。ネットビジネスで最も重要なのは顧客リスト(メールアドレス)を集めることであり、Amazonは、Amazonで販売しているセラーに対して、その最も重要なメールアドレスを渡さない、ということでしたね。そして、そのことに気がついた世界中のセラーが、ブログやニュース記事などで文句を言っているという様相でした。

そのとおりだね。Amazonは、初期のことからセラーに対して顧客のメールアドレスを渡さない仕組みを構築していたからね。AmazonがECサイトとして巨大になった秘密がここにあるんだよ。

それで、前回聞き忘れたのですが、最も重要なメールアドレスを取得できないと言うことは、セラーにとって、Amazon輸出というのはそれほど魅力のあるビジネスではない、ということになりませんか?

はは(^_^) まぁ、「Amazonが顧客リスト(=メールアドレス)を渡さない」と騒いでいるセラーにとってみればそうなるね。でもボクは、Amazonで販売しているセラーが顧客リスト(メールアドレス)を取得するいくつかの方法を、『Amazon輸出 実践編』で紹介しているんだよ。

えぇ!? 2018年のいま、世界中のAmazonセラーが騒いでいる大問題を、2013年の『実践編』で予見して、さらにその解決方法まで提示していたと言うことですか? それってAmazonの規約違反とか、違法な手法ではないんですか?

Amazonの規約違反でもないし、違法な手法でもないよ。『実践編』は、読む人にとってみればぶっちゃけすぎのノウハウがてんこ盛りなんだけど、ほとんどの人はそれに気がついていないんだよね。多くの読者は、途中で投げ出したんじゃないかな。まぁ自画自賛になってしまうんだけど、ホントそうなんだよ。

うわぉー! もしかしたら、私も気がついていなかったかも知れないです。だって、そもそもネットビジネスの最大で唯一の成功の秘密が「メールアドレス」を集めることだとは知りませんでしたし、そういった前提知識がなければ、『実践編』でその問題の解決方法が書かれていても、その真価を理解することができませんよね。「なんでこの人はこんなノウハウを書いているんだろう。初心者でも簡単に儲かる方法を教えてくれればいいのに」って、ほとんどの読者は思うはずです。

まぁそうなんだよね。出版社の人も、「誰でもすぐに簡単に儲かる(と勘違いさせる内容)」の方が売れるから、『実践編』の内容には不満を持っていたようだよ。だけどボクは『実践編』を書くときに、「2013年から、3年後、あるいは5年後に真価を発揮できる内容を書きたい」って言ったんだ。実際そうなっているからボクとしては満足だけど、出版社としては不満だろうなー。

Amazon輸出やeBay輸出の書籍を出版している人は、先生以外にも数名いますけど、みんな入門レベルで、『実践編』のような本当のノウハウを書ける人はいませんよね。どちらにしても、世界で「Amazonは顧客リストを渡さない」などと騒いでいるセラーは、一度『実践編』を読んで欲しいですね。といっても、私を含めて内容の重要性を理解できる人がほとんどいないのがちょっと残念ですが…… 今日もありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。