ラザダが完全自動化の倉庫を始動

ラザダが完全自動化の倉庫を始動

ラザダの欠点は「倉庫」と「配送員」にあり!

初心者アイコちゃんシリーズ


先生。ラザダが完全自動化の倉庫を始動させるってニュースが流れていますが、これはどういうことですか?

まず、ラザダについて説明しておこうか。ラザダとは、東南アジアでひとり勝ちしているECサイトのことだよ。「東南アジアのAmazon」と呼ばれているんだ。でも2016年4月に、中国のアリババに10億ドルで買収されたんだけどね^^;

そうなんですね。東南アジアのECサイトの代表がラザダで、いまは中国アリババの傘下になっていると言うことですね。「東南アジアのAmazon」といわれているんだったら、Amazonに買収されればよかったのにね。

東南アジアでは中国の政治力が強いから、それが理由じゃないかな。そのラザダが完全自動化の倉庫を2018年に始動させるってことだね。

先生はいまフィリピンにいらっしゃるんですよね。ラザダを利用されたことはありますか?

うん、何度かあるよ。

で、どうでした?

うーん^^; あまり利便性がいいとは言えないな。決済とか配送の部分に使いにくいところが多いよ。とはいえラザダは東南アジアで圧勝しているECサイトだから、他と比較すれば品揃えは豊富だし、安心できるサイトだよ。ただ、Amazonと比べてしまうと、いくつか欠点が目立つということだね。

Amazonは世界一便利なサイトと言っていいでしょうから、比較するのはかわいそうかも知れませんね。

うん。アリババが買収したことで少しは利便性が高くなっているのかも知れないけど、利用者としてはあまり実感はないな。

そのラザダが、完全自動化の倉庫を始動させると言うことですね。

うん。ただラザダの配送の問題は、倉庫だけじゃないんだよね。配送員にも問題が多いよ。

「配送員」の問題ですか?

そう。配達するスタッフのことね。配送される時間が曖昧だったり、「今日届けます」って連絡があって待っていたのに、その日に届かなかったりとかね。

えぇ!それはひどすぎますね。日本ではあり得ない話だと思います。

はは(笑)日付を間違えるくらいならまだよくて、注文したのと違う商品が送られてきたこともあったよ^^;

えぇーーーーっ!? 注文したのと違う商品が届くなんて、そんな話が本当にあるんですか?

うん、あるよ(笑) それでラザダに質問したら、「ネットから現金払いで注文されたのが原因です」って回答だった。意味がわからなかったよ。

ほんと、意味が分からない回答ですね。きっと「間違えました」とは言えなかったから、「そういうこともあります」って言い訳したんでしょうね。

日本だったら、「間違えました。スミマセン!」ってなるけど、フィリピンだと「間違ってません。よくあることです」となるんだよね(笑)間違いを認めず、むりやりこじつけて理由付けするってことかな。これは、日本とフィリピンの国民性の違いだと思うよ。フィリピンでは多くの国民が「間違えを認めると裁判などでやっかいなことになる」って考えるんだろうね。

ラザダは倉庫を自動化するのと同時に、配送員の問題も解決して欲しいですね。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。