no

ヤフオクにつきまとう、海賊版というリスク

ヤフオクで仕入れをしているせどらーにとって、常に海賊版をつかまされるリスクがあります。

ヤフオクには、あらゆるジャンルに海賊版が出品されていますw

最近多いのは、中国本土からCD、DVDなどの海賊版を出品しているケースです。

実は私も、30万円ほどの海賊版をつかまされたことがありました。

まず試しに1つ入手し、相手の住所、名前、銀行口座なども確認しました。

ヤフオク内での「良い評価」が100を超えていたので、信用できると考えたのです。

その後、中規模の注文を何度か繰り返し、安心できると判断したので大量に注文したのですが、それがすべて海賊版でした。

ヤフオク海賊版の苦い経験。大損した上にAmazonで悪い評価

更に良くなかったのは、大量に注文したものが海賊版だと気づく前に、Amazon FBAに出品してしまったことです。

Amazon FBA購入者から「この商品はおかしい」と指摘を受けて、初めて私も気がついた、という経緯です。

Amazonギフト券などを送って謝罪をしましたが、一部の人からは悪い評価を付けられ、Amazon内の総合的な評価がガタ落ちしたという経験があります。

手が込んできたオークション詐欺。「だまされない基準」はあてにならない

eBayでも同じようなことはよくあります。

最近は手が込んできて、「良い評価が1,000以上あったので信用したのにだまされた」というケースがあります。

はじめから評価が1,000以上になるのを待って騙そうとしていたのか、出品者に魔が差したのかわはわかりません。

どちらにしても、世間で言われている「海賊版にだまされない基準」というのがあまりあてにならない例と言えます。

ところで、自分がブラックリストに乗ったらどうなる?

費用などの条件が合えば、今回のオークファンとガイアックスが提供する不正出品物検知ツールと監視サービスは利用価値があります。

ちなみに、何も悪いことをしていないのに、この不正出品物検知ツールと監視サービスの「ブラックリスト」に自分が乗ってしまったらどうなるか、気になりますw

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。