no

日本国債格下げがせどりに及ぼす影響


日本国債を格下げ=震災後では初―米ムーディーズ(時事通信 8月24日(水)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110824-00000036-jij-bus_all
というニュースがありました。

せどらーとして何の関係もないニュースのように思うかもしれませんが、むしろその逆でとても重要なニュースです。

■以前より、日本経済が破綻したときは、せどりが巨額の富を築く大チャンスだと、ブログ等で説明してきました。

日本破綻は、せどりで巨万の富をつかむ千載一遇の大チャンス!
https://az-globe.com/?p=707

日本国債の格下げは、日本経済が破綻に向かって一歩進んだということになります。

もちろん、日本経済が復活してくれたほうがいいに決まっていますが、現在の日本政治の混迷を目のあたりにすると、そういう期待は持てそうにないですね。

政治に頼らず、自衛する方法を考えておく必要があります。

■日本経済が破綻することを見込んで、私の仲間も、海外で銀行口座を開くなど、具体的に行動する人が増えています。

一番多いのが、香港上海銀行(HSBC)に口座を開くというものです。
わざわざ香港まで渡航して口座を開く人も多いです。

毎年1万人以上の日本人がHSBCで口座を開くため、窓口では行列ができていたり、日本人の口座開設のハードルを高くしているという話も聴きます。

■しかし、香港上海銀行(HSBC)に口座を開いても、日本破綻には対応できません。

今月のA塾の音声セミナーでは、「日本破綻は、せどりで巨万の富をつかむ千載一遇の大チャンス!」について、具体的な対策を詳しく説明する予定です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。