Amazon(FBA)からメールが来ました

Amazon(FBA)からメールが来ました


Amazon(FBA)からメールが来ました■ Amazon()からメールが来ました

2日前、Amazon(FBA)からメールが来ました。

■今回の震災で、
Amazonの倉庫も甚大なダメージを受けたと言われています。
FBAは、今回の東日本震災直後から約1ヶ月間、
全く機能しなくなりました。

FBAとは、誰でもAmazonの倉庫に商品を預け、
Amazon内で自分の商品を販売することができるサービスです。

Amazon FBAを販売のメインサイトとして
利用しているせどらーは本当にたくさんいます。

、梱包、配送、問い合わせ対応などは
すべてアマゾンスタッフが代行してくれるため、
仕入れに忙しい、仕入れだけに集中したい人や、
副業せどらーなどに大人気のサービスです。

■そして、FBAが完全停止した約1ヶ月間は、
全国のFBA出店者が一夜にして
全く収入のない状態に追い込まれたわけです。

「いつ完全復活するのか?」
「棚から落ちて壊れた、俺の大切な商品は一体どうなるのか?」
という先の見えない状態が、
出店者の不安をさらに増大させることになりました。

いまなら、
FBAは約1ヶ月後に復活する、
壊れた商品は保証される、
ついでに月額の利用費用も返金される、
ということが分かっているからいいのですが、

当時は
「これからいったい何が起こるのか、何がはじまるのか、それとも終わるのか」が
全く分からない状態だったのです。

■そんな日本中のせどらーから頼りにされているAmazonFBAから、
2日前にメールが来ました。

そこには、Amazonが震災から学び、
今後どのようにするかかが書かれています。

「Amazonからのメッセージ」(抜粋要約)
?震災から学んだこと、現在の取り組み?
・被災された出品者様のフォローアップ
・Amazon倉庫の防災強化
・「ほしい物リスト」を活用した被災地支援
ということでした。

特に、「Amazon倉庫の防災強化」、
耐震性の強化や落下防止策はぜひ継続的にお願いしたいですね。

■ちなみに3番目の
「ほしい物リスト」を活用した被災地支援ですが、
先日、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」に
Amazonの担当者が出演していて、
この被災地支援について語っていました。

アマゾン側のメリットとしては、当然被災地支援ではあるのですが、
「アマゾンは本だけを売っているわけじゃないことをアピールしたい」
という意図があるということでした。

■どちらにしても、アマゾン依存、ブックオフ依存、ヤフオク依存は
リスクが大きいスタイルと言わざるをえないと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。