Amazon輸出のPINコードを乗り越える7つの方法

Amazon輸出のPINコードを乗り越える7つの方法■ Amazon輸出のPINコードを乗り越える7つの方法

■Amazon輸出について、多数の相談をいただいています。
現在の最新流行は、Amazon輸出といってもいいと思います。

Amazon輸出というと、アメリカのAmazonで出店し、売れたら日本から商品を送る、という方法が一般的です。

アメリカAmazonにFBAとして出店するのは、現状では難しいです。

ここで、アメリカのAmazonに登録できないという相談が相次いでいます。
アマゾン輸出で稼ぐところまで行かず、ほとんどの人が出店する前の段階でつまづいています。

■Amazon輸出に必要なものは3つあります。
(1)クレジットカード
(2)Amazonからの報酬を受け取るための銀行口座
(3)Amazonアメリカ登録時にかかってくる国際電話を受ける電話番号

このうち、一番ハードルが高いのが(3)電話番号です。
Amazon輸出で一番多いのは、Amazon登録時にAmazonからの電話認証を受けられないという相談です。

■日本にいながらこの電話を受けるには7つの方法があります。

同じ方法でも、海外アマゾンからの電話を受けられる場合と受けられない場合があり、まだ検証段階のものもありますが、わかったことをシェアしていきたいと思います。

なお、自分以外の誰かに依頼する場合は、Amazonの規約に抵触する可能性があります。

《Amazon輸出で必須の電話認証(PINコード)を乗り越える7つのアイディア》
(1)固定電話で受ける
(2)携帯電話で受ける
(3)国際携帯電話で受ける
(4)スカイプで受ける
(5)海外に行く
(6)海外のパートナーに依頼する
(7)SOHOさんにお願いする

この7つの方法について、1つ1つ検証していきます。

《Amazon輸出で必須の電話認証(PINコード)を乗り越える7つのアイディア》

(1)固定電話で受ける
固定電話とは、携帯電話が普及する前の、家庭にあった電話のことですね。
海外アマゾンからの電話を受ける一般的な方法ですが、この固定電話を持っていない人も多いため、電話認証できないケースが多いです。

(2)携帯電話で受ける
日本国内では、様々な携帯電話の機種がありますが、海外Amazonからの電話認証は、携帯電話では受けられないようです。

これは、海外アマゾン側の仕様ですから、現在の携帯電話で認証できなければ、さっさとあきらめて他の方法を検討したほうが懸命です。

将来的には受けられるようになるかもしれませんが、現状では難しいようです。

(3)国際携帯電話で受ける
携帯電話によっては、海外と通話できるサービスがあります。

ただ、この方法でAmazonからの電話認証を受けたという検証データがありません。

それでも、海外と通話ができる国際携帯電話サービスなら、海外Amazonからの電話を受けられる可能性が高いと思います。

(4)スカイプで受ける
スカイプでは、国際電話番号を取得することができます。

例えばスカイプでアメリカの電話番号を取得する手順は、
http://www.skype.com/intl/ja/allfeatures/onlinenumber/
電話番号の購入 → Skypeのアカウント入力 → アメリカを選択 → 州を選択
これで、取得したアメリカの電話番号に、アメリカの同じ地域から電話すると市内通話になります。

このアメリカ国内の電話番号でアマゾンからの認証を受けようというものです。

ただ、この場合でもAmazonからの電話認証を受けられないケースがあります。
利用しているパソコンや、ウィルスソフトが影響していると思いますが、原因は不明です。

(5)海外のパートナーに依頼する
海外のパートナーや知り合いに依頼する方法です。
もし既に心当たりがあるなら、この方法が一番確実と思います。

(6)SOHOさんにお願いする
Amazonからの電話を受ける作業を、SOHOさんに依頼する方法です。
SOHOの求人に下記のような条件の募集文を掲載します。

・実際に海外の電話を受けたことがある
・または海外にパートナーがいる
・電話認証(PINコード)が完了した後に報酬を支払う=成功報酬にする

(7)海外ビジネスサポート会社に依頼する
日本には、海外でビジネスを展開しようとする人をサポートしてくれる会社があります。
こういったサービスをしている会社に事情を話し、代理で電話を受けてもらう方法です。
ヤフーやGoogleで「海外ビジネス代行」、「海外ホームページ製作」等で検索して探します。

■また、8番目として、アメリカAmazonに出品している日本人出品者に依頼するという方法もあります。

ライバルに頭を下げてお願いするということで、勇気のいる行為かも知れませんw

しかし、これまでの7つの方法で上手くいかない場合は、最後の手段として検討してもいいと思います。

■Amazon輸出の相談者に話を聞くと、「携帯電話で受けられなかった」というケースが殆どで、そこで諦めてしまう人も多いです。

それでも、いったんAmazon輸出ができるようになれば、儲かる可能性がぐっと大きくなります。

せっかく将来性のあるAmazon輸出を、電話認証を受けられないということで諦めてしまうのはもったいないですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。