Why your Amazon delivery sometimes comes in a Walmart box

舛添都知事のヤフオクIDが乗っ取られ、「Amazonから本が届いた」と発言したことでネットが炎上していますw

ヤフオクのIDでAmazonから本が届くわけないことから、ネットでは
「これは笑えた」
「舛添要一、集中審議で墓穴掘りw」
「すげー、ヤフーIDってAmazonすら支配してるのかよ」
「こんなの調べたら嘘だってすぐ分かるのを知らないのかw?」
などと、舛添都知事のウソを嘲笑する内容がネットでたくさん書き込まれています。

「ヤフオクで注文したものがAmazonから届く」ことは日常茶飯事

しかしAmazonせどりをしているせどらーなら、「ヤフオクで注文したものがAmazonから届く」なんてことは日常茶飯事だということを知っていますよね。

Amazon日本で出品されている商品を注意深く見てみると、「店舗で併売しているので、売り切れの際は注文を取り消させていただく場合があります」などと説明されていることがよくあります。

この「店舗で併売している」というのはウソで、「ヤフオクと併売している」というのが本当のところです。ヤフオクで併売していると書くと問題があるので、店舗で併売していると書いているわけですね。

Amazonせどりをしているせどらーの多くは、同じ商品を「」でも販売しています。これを「」といいます。もしヤフオクで出品している商品が落札されたらAmazonの出品を取り消し、Amazonで出品している商品が売れたらヤフオクの出品を取り消せばいいわけです。

「ヤフオクとAmazonの併売」は売れるタイミングが重なるとどちらかの注文をキャンセルしなければならないので、あまりおすすめできない手法です。場合によっては、ヤフオク、Amazonのどちらか(あるいは両方)のアカウント停止、削除になる可能性もあります。しかし、実際に併売しているせどらーはたくさんいます。

1つの商品をAmazonだけで出品するより、ヤフオクとAmazonの両方で出品した方が売れる可能性が高くなります。だから多少の危険を冒しても、ヤフオクとAmazonで併売するせどらーが多いわけです。

そして、「ヤフオク」で売れたものをAmazonの倉庫から出荷することもできます。Amazonがそのようなサービス(Amazon )を提供しているからです。

「Amazon FBAマルチチャネル」を利用すれば、ヤフオクで落札されたものを、自動的にAmazonの倉庫から発送することができます。

要するに、「ヤフオクで売れたものがAmazonから届く」なんてことは、日常的によく起こることなんですね。

また、舛添都知事の発言をよく読んでみると、実際にAmazonから届いたのか、あるいは「Amazonの段ボール」で届いたのか、はっきりしません。

例えばヤフオクで落札された商品を発送する人が、部屋に余っていたAmazonの段ボールで梱包して発送したとします。外箱の段ボールにAmazonと書かれていれば、Amazonから発送されたと勘違いすることもあるでしょう。

同じような勘違いは、Amazon米国でも起こっています。

Why your Amazon delivery sometimes comes in a Walmart box

Why your Amazon delivery sometimes comes in a Walmart box

「なぜAmazonで注文したのにウォルマートの段ボールで届くんだ?」
Amazonで出品しているセラーが、利益を得るために他のネットショップで購入したものを転売しているから。Amazonの広報は、「他のネットショップから商品を購入して直接購入者に発送するのは規約違反だ」と述べた。Amazonで販売される商品の47%はAmazon以外のセラーが販売しており、その比率は年々増加している。

このAmazon米国のケースでは、Amazonで注文した商品がウォルマート(米国最大級のスーパーマーケット)の段ボールで届いたことに、注文した人が驚いてしまったという事例です。

その理由は単純で、Amazonで販売しているセラーが、注文の商品をウォルマートの段ボールで梱包して発送したということです。そしてAmazonの広報は、「おそらく無在庫で出品し、売れたので急いでウォルマートで仕入れ、そのまま発送したようだ。でもそれはAmazonの規約違反です」と解説しています。無在庫で販売することはAmazonの規約違反ですから、そのような説明になったと推測できます。

舛添都知事の発言に、おかしいところは一つもない

Amazonで商品を購入する人の多くは、「Amazonで出品されている商品は全てAmazonが販売している」と勘違いしています。しかし実際にAmazonで販売されている商品の約50%は、AmazonせどらーやAmazon輸出実践者のような「Amazon以外の外部のセラー」が販売しています。

そしてその中には、1つの商品をヤフオクとAmazonで併売したり、「Amazon FBAマルチチャネル」を利用してヤフオクで落札されたものを自動的にAmazonの倉庫から発送しているセラーもいるわけです。

ですから舛添都知事のヤフオクIDが乗っ取られ、「Amazonから本が届いた」という部分だけについていえば、何もおかしいことはないわけですね。もちろん、Amazonの段ボールで届いたことで「Amazonから届いた」と勘違いした可能性も十分にあり得ます。

それよりも、「ヤフオクのIDが乗っ取られた」ことの方が問題ですね。おそらく内部犯行か、舛添さんの身近にいる人にいたずらされたのではないでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。