no

せどり最大のハードル「初期費用」をゼロにする!

せどりビジネスは、安い場所で商品を仕入れて、高く売れる場所で販売する、物販ビジネスです。

せどりは、初心者でも比較的簡単に稼ぐことができる数少ないビジネスのひとつです。

しかし、最初に仕入れ作業、つまり商品を購入する必要があるため、「初期費用が必要」と考えて二の足を踏んでいる方も多いと思います。

あなたは知らないかも知れませんが、初期費用ゼロ円でスタートできるせどりもいくつかあります。

「初期費用がタダ」ということであれば、始めてみようと思う人も多いはずです。

今回は、初心者でも簡単にできてリスクも少ない、初期費用ゼロ円でスタートできるせどりを、具体的に5つ紹介します。

「初期費用ゼロ」は一生食べるに困らない最強ノウハウ!

そして、読み進めていくうちに、初期費用ゼロ円でスタートできるせどりの「ある共通点」に気がつくと思います。

この共通点がわかってしまえば、環境や場所が変わっても、あなたはいつでも初期費用ゼロ円でせどりビジネスをスタートすることができるようになります。

つまりこれは、単純だけど永遠に使える最強ノウハウなのです。

なお、紹介する方法は、各サービスの規約に違反する場合がありますので、あくまでも自己責任でお願いしますw

もちろん、ライバルせどらー話してしまうことも厳禁です。

それではさっそく、初期費用ゼロ円でスタートできるせどりを具体的に5つ紹介していきましょう…

それではさっそく、初期費用ゼロ円でスタートできるせどりを具体的に5つ紹介します。

  1. eBay輸出
  2. Amazon輸出
  3. フラッタースケープ、BUYMA等を利用する
  4. ソーシャルコマース
  5. 海外向けネットショップ輸出

初期費用ゼロ円でスタートできるせどりは、主にこの5つがあります。

それでは、具体的にひとつひとつ確認して行きましょう。

eBay輸出

eBayは、世界最大級のネットオークションサイトです。
eBay輸出とは、eBayを利用した輸出ビジネスということになります。

通常は手元にある商品、仕入れた商品を出品することになりますが、日本に住んでいて、日本のものを出品・輸出する場合は、無在庫でも可能です。

無在庫で出品し、売れた(落札された)後に仕入れて配送します。

最初に在庫を抱える必要がありません。

さらに顧客リストを集めることが比較的容易なので、他の輸出ビジネスと比較しても、eBay輸出は大きく稼ぎやすくなっています。

Amazon輸出

日本のAmazonで買い物をしたことがあるならわかると思いますが、Amazonは世界各国にあるネットショップです。
日本以外のAmazonで販売することを、Amazon輸出といいます。

去年の後半からブームになってきています。
今後3年くらいは、Amazon輸出のブームが続くと思っています。

Amazon輸出ではアメリカのAmazonを利用する場合がほとんどなので、「Amazon輸出=米国Amazonでの輸出」という意味で使われることがほとんどです。

海外のAmazonに登録、出品するためにはいくつかのハードルがあるため、まだ始める人が少なく、穴場状態になっています。

Amazon輸出にはいくつかやり方がありますが、無在庫での出品も可能です。

無在庫でのAmazon輸出にすれば、初期費用ゼロ円でスタートできますが、海外に銀行口座を作らなければならない場合は、多少の出費が必要です。

海外法人や海外銀行口座など必要な物は、あなたがAmazon輸出でどのようなビジネススタイルを採用しているかで異なります。

迷った時は相談して下さい。

フラッタースケープ、BUYMA等を利用する

最近テレビ放送などでも話題になっているフラッタースケープやBUYMA等を利用する方法です。

フラッタースケープとは、日本国内で手に入る商品を、海外に向けて出品、販売できるサイトの名称です。

BUYMAというサイトはその逆で、主に海外にいるバイヤー(商品を仕入れる人)が出品し、日本人相手に販売します。

どちらも無在庫でできるため、初期費用は必要ありません。
特にフラッタースケープは日本に住んでいるメリットを最大限に活かすことができます。

バイマの場合は、海外に住んでいる人が有利になります。
こちらも無在庫でのビジネスが可能です。

ソーシャルコマースで輸出する

ソーシャルコマースとは、フェイスブックやGoogle+などのSNSを利用したネットショップです。
SNSには、YouTubeなどの動画サイトを含める場合もあります。

SNSを利用して、海外輸出のネットショップを立ち上げます。
最近では、ソーシャルコマース用の様々な便利ツールが、誰でも簡単に入手できるようになって来ました。

これまで楽天などでネットショップを運営してきた店舗も、ソーシャルコマースで店を開くケースが多くなってきています。

ネットショップ専門の情報誌でも、盛んにソーシャルコマースの話題が取り上げられるようになってきています。

初心者せどらーが初期費用ゼロ円でソーシャルコマースをスタートするためには、やはり在庫を保つ必要がない輸出ビジネスがお勧めです。

英語が苦手な場合は、格安の翻訳サービスを利用する方法で解決できます。

海外向けネットショップ輸出

海外向けネットショップ輸出とは、ネットショップを自分で作ってそこに商品を並べ、PPC広告やSEO対策で集客し、輸出販売するという方法です。

ハードルが高いように思うかも知れませんが、慣れてしまえばそうでもありませんし、最初からSOHOさんにお願いするという方法もあります。

実はこれが一番お勧めです。

ドメインを習得したり、レンタルサーバを利用する必要があるため、初期費用は1,000円くらい必要になります。

ネットショップ制作をSOHOさんにお願いする場合は、プラス5,000円くらいです。

それでも、海外向けネットショップ輸出には、他の4つの方法と比較にならない有利な点がたくさんあります。

中でも、ビジネスにとって最も重要な「顧客リストが集めやすい」という点は、特筆すべき最大のメリットです。

その他にも、eBayやAmazonなどの手数料(売上の約15%)は必要なくなりますし、販売する商品も自由自在です。

初期費用ゼロ円せどりの共通点とは?

ここまで初期費用ゼロ円でスタートできるせどりを5つ紹介しました。
それぞれに特徴があり、また欠点もあります。

読んだだけで、「私にはこのやり方があっている」と感じた方もいるでしょうし、「どの方法が自分に一番いいのかわからない」という場合もあると思います。

個人の環境やビジネススタイルによって、また扱う商品によって取るべき手段は異なります。

それでも、その共通点については既にお気づきと思います。

初期費用ゼロ円でスタートできるせどりの共通点、それは「」、「日本の商品」、「輸出」という3つのキーワードです。

この3つのキーワードさえ忘れなければ、時代や場所が変わっても、いつでも初期費用ゼロ円でせどりビジネスをスタートすることができます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。