メルカリで現金の転売はダメだけど『マストドン』なら可能!?

メルカリで現金の転売はダメだけど『』なら可能!?




メルカリで現金を転売している人がいて、それがマネーロンダリングなどの違法行為につながるとしてニュースで取り上げられています。

メルカリは24時間体制で現金などの出品を監視しているということです。ところが、メルカリではさらに領収書を出品する人なのかいたりして物議を醸しています。

このような問題のある出品物は、メルカリのスタッフが監視することで防止したり、出品者のアカウントを取り消すなどによって今後は激減していくでしょう。

ところが、今話題の『マストドン』という新しいSNSでは、誰でも簡単に現金の転売ができる可能性が懸念されています。

メルカリで現金の転売はダメだけど『マストドン』なら可能!?

「マストドン転売塾」、「マストドン輸出入コンサルタント」が誕生するのも時間の問題!?

マストドンの特徴は分散型のシステムですから、それぞれの活動内容について中央のシステムが監視しにくく、今回のような現金の転売ビジネスが野放しになる可能性が指摘されています。

どちらにしても、新しいSNSである『マストドン』は転売ビジネスにとっても将来的に大きな変革をもたらすかもしれません。そうなれば、「マストドン転売塾」とか、「マストドン輸出入コンサルタント」も登場することになるでしょうw

『マストドン』については、今のうちに新しい情報を収集したり、実際にマストドンに参加してその使い方ぐらいは慣れておくことをおすすめします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。