Facebook輸出の補足説明

Facebook輸出についてとても反響が大きかったので、補足の説明をしたいと思います。

前回の音声セミナーで本来伝えたかったGoogle輸出よりも、Facebook輸出に興味を持っていただいた方のほうが多かったようです。

そもそもGoogle輸出はまだ始まっていないビジネスです。

一方Facebookは日常的に利用している方も多く、そこにアプリをインストールしてFacebook輸出ができるとなれば、興味をもつ人が多いのも納得できます。

実際に、日本のファッションを東南アジアの某国に販売するなど、実績を上げている人もいます。

「Facebook輸出の始め方を教えて下さい」というお問い合わせが多いのですが、まず、どのような商品をどの国に販売するかを決める必要があります。

これが決まりませんと、どのようなアプリを利用して、何をどこに販売すればいいのかが決まりません。

Facebook上にネットショップを作れるアプリが多数公開されています。

「Facebook ネットショップ アプリ」で検索し、英語版など、輸出対象国の言語に対応したアプリを選択します。

具体的な操作方法は、アプリによって異なります。

どのようなショップ(歯科医、宝石販売、海外輸出等)かによって異なるのですが、このページが参考になると思います。

また、SOHO募集サイトや楽天ビジネスなどで、「Facebook輸出をやりたい」と募集すれば、手伝ってくれる人が集まります。

Facebook輸出はまだ実践者がほとんどいないので、今後狙い目の輸出ビジネスの1つになっていくと思います。