no

英語が苦手な日本人のeBay攻略法-1/2


■ヤフオクと比較にならないデカイ規模のeBay。
あっという間に世界中に広がって、
まさに手がつけられない規模に成長してしまいました。

今後輸出入ビジネスするなら、
eBayはどうしても外せない「仕入れ場所」であり「販売場所」です。

それでも、
どうしてもeBayに一歩踏み出せないせどらーも多いと思います。

■その理由は、
」ではないでしょうか?

これだけ稼げる、すぐにお金になると分かっているeBayで、
なぜ気持ちが先に進まないのかといえば、
それは英語なのかもしれません。

あなたがeBayに踏み出せない理由、
それが英語だとしたら、
簡単に解決する方法があります。

■eBayでは、全て英語です。
もちろん、英語圏外では他の外国語ですが、メインは英語です。

メニューから何から、
全て英語。英語を克服できないせどらーはeBayで稼ぐ事は難しいように感じます。

しかし、
難しい英語を使わなければならないところは、
実は「商品説明」だけです。

あなたが出品した商品の商品説明を英語で書く、
この部分だけが難しいわけです。

■一度eBayのページを開いてみればわかると思いますが、
会員登録、、決済などはどれも簡単です。

eBayとPayPalをくっつけるところは
ちょっと難しいかもしれませんが、
もし難しいと感じても、
日本には、日本語で書かれたeBayの初心者向けの説明書が無数にあります。

これを利用すれば、
誰でもeBayに登録し、出品、落札、決済することは簡単です。

■ただ、
あなたが出品する商品の商品説明を英語にしてくれるマニュアルは、
残念ながら存在しません。
いちいち翻訳家に頼むわけにも行きません。
自動翻訳機の精度も心もとないものばかりです。

■英語はできないけど、
活躍の場所を世界に広げたいせどらー。

どうすればいいのかと言いますと、
「全部写真で説明する」
これが英語苦手のせどらーがeBayを攻略する鍵です。

商品説明を英語でする必要はありません。

むしろ、
慣れない英語で間違った説明をしてしまい、
後になってトラブルになるケースもあります。

■商品説明は、
全て写真でしてしまいましょう。
写真を撮って、
eBayの出品説明のところに
できるだけたくさん貼りつけるだけです。

■それで、
もし説明不足なところがあったら、
落札したいと思っている人から質問が来ます。

それも写真で説明し、次回出品する場合は、
その部分をさらに新しい写真を追加して説明すればいいのです。

英語で説明できない商品説明は、写真でする。
これがせどらーのeBay英語攻略法です。

<次の記事へ続く…>

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。