no

大規模障害発生 Amazonツール開発者は要注意


ファーストサーバー障害。深刻化する大規模「データー消失」

ファーストサーバーで大規模障害発生

ファーストサーバーで大規模障害発生

大手レンタルサーバーサービスの「ファーストサーバー」が6月20日に大規模な機能障害を起こしたことについて、先日の音声セミナー等で解説しました。

「ファーストサーバー」のサーバー障害は、サーバーの中身がすっかり消滅してしまうというトラブルです。

私自身は利用したことなかったのですが、ワードプレスなども積極的にサポートされていたため、「次に乗り換えるならファーストサーバーがいいかも」と思っていたのに残念です。

今後は、サービス名と運営会社を変えて、再スタートすることになりそうです。

そして、Amazon EC2で大規模障害発生

そんな中、今度は「Amazon EC2で大規模障害発生」というニュースが入って来ました。

「Amazon EC2」とは、Amazonが提供している、いわゆるクラウドコンピューターサービスのことです。

Amazonツールの開発環境として、Amazonのウェブサービスは必ず利用しなければならないAmazonのサービスです。

「Amazon EC2に大規模障害発生」と言っても影響は軽微で、既に復旧しているようです。

Amazon用ツールを利用しているせどらーも、「ん!? ちょっと動作が鈍いな」という程度の障害だったと思います。

「自己バックアップ」こそが最強の防衛策

それでも、今回のファーストサーバーやAmazon EC2の障害は学ぶことが多いです。

これらのサービスを利用する個人として、自己防衛には「バックアップ」しかないです。

それも、レンタルサーバーやAmazonが提供するバックアップではなく、自分の大切なデーターは自分でバックアップを取って守る、「自己バックアップ」が重要になってきます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。