no

Amazonで海外販売できることをあなたはご存知ですか?

Amazonで海外販売。つまり「」です。

ネット輸出といえば、eBayやネットショップを使った方法が一般的です。
ここに今、「Amazon」を使った海外販売が1つ加わりました。

eBayやネットショップと比較して、出品がとてもラクという特徴があります。

梱包、発送、顧客対応をAmazonが代行してくれるFBAというサービスを利用することもできます。

eBayでは出品制限などがあって、初心者が始めるにはハードルが高いです。

ネットショップでは、まず英語でネットショップを作ったり、外国語で広告を出稿するなど、自分でやらなければならないことが多く、こちらもハードルが高いです。

それと比較してAmazonでの海外販売は、とても簡単です。

eBayのように出品制限はありません。

ネットショップのように、自分でショップを作ったり、広告を出稿して集客する必要もありません。

あなたの商品を、世界の超ビッグ ネットショップが代わりに販売してくれるのです。

今回は、Amazonで海外販売の始め方をご説明します。

Amazon.comに登録しよう

」ですから、海外のAmazonに登録します。
Amazonは海外にたくさんありますが、まず攻略すべきは、Amazon.comです。

まずはAmazon.comに登録しましょう。

出品には、名前、住所、電話番号、銀行口座、クレジットカードが必要になります。
また、小口出店と大口出店という2つの種類がありますが、ビジネスをするなら大口出店にするべきです。

手数料や出品できるカテゴリーに違いがあります。

小口出店は、大口出店と比較して不利な点が多いです。

そして大口出店は、1ヶ月無料、3ヶ月無料などのキャンペーンを行なっている時が多いので、それをうまく利用する方法もあります。

Amazonで海外販売するなら、「大口出店」にするべきです。

登録したら、次はいよいよ海外販売です。

商品を効率的に海外へ販売するには、どのようなことに注意したらいいでしょうか?

Amazonで海外販売の始め方をご説明しています。
Amazonを使って海外販売する、自宅にいながら輸出ビジネスが可能です。

商品を販売しよう

次は、商品の販売です。

eBayやネットショップと比較して、Amazonでの販売はとても簡単です。

商品の説明文を自分で考える必要もありませんし、商品の写真を自分で撮影する必要もありません。

一度売れた商品を再出品するのも、あっという間にできてしまいます。

eBayやネットショップと比較して、10倍くらいラクだと思います。

商品選びのコツは、「日本でしか手にはいらないものを出品する」です。

海外のライバルが出品しているものを、わざわざあなたが出品する必要はありません。

販売するものが見つからない場合は、古本、CD、DVD、パソコンパーツなど、部屋にある不用品を出品する方法もあります。

ただ、海外で販売できないもの、海外で使えないもの(電源の違い、リージョンの違い等)、販売自体に問題があるもの(危険物、児童ポルノ等)に注意します。

売れたら発送しよう

Amazon.comの市場規模は、日本の3倍以上と言われています。

また、バイヤーが世界中から集まってきています。

あなたがAmazonで海外販売を始めたら、日本とは比較にならないほど売れやすいことに驚くと思います。

発送はEMSを利用します。商品の追跡機能があり、万が一途中で行方不明になっても、保障してもらえます。

Amazonの海外販売で一番注意しなければならないのは、購入者とのトラブルです。

このトラブルをできるだけ防ぐために、発送にはEMSを利用します。

たくさん売れて、梱包や発送が大変になって来たら、FBAを利用する方法もあります。

これは、eBayやネットショップにはない便利なサービスです。

海外のバイヤーに繰り返し購入してもらおう

Amazonで海外販売の醍醐味は、自宅にいながら米国や世界中の人達とビジネスができることです。

日本は今後、人口減少と経済縮小という運命にあります。

しかし海外に目を向ければ、人口は爆発的に増加し、経済発展に沸く国や地域はたくさんあります。

あなたがまじめにビジネスをしていれば、海外のバイヤーは繰り返しあなたから購入してくれるでしょう。

Amazonでの海外販売は、これからの日本であなたが効率良く収入を得るための、有力な手段の1つです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。