Amazon FBAの手数料が値上げへ

Amazon FBAの手数料が値上げへ


Amazon FBAの手数料が値上げへ■ Amazon FBAの手数料が値上げへ

2016 Fee Changes and Box Content Information Requirements.

To give you time to plan for these changes, they will begin to take effect on October 1, 2016.

Amazon FBAの手数料の変更と梱包情報の要件。
Amazon FBAの手数料は、2016年10月1日より変更されます。

(参照: 2016 FBA Fee Changes and Box Content Information Requirements

Amazon FBAの手数料の変更は、確か今年の2月にもあったと思います。Amazonは、FBAの手数料を比較的に頻繁に変更しているという印象を受けます。

ほとんどのAmazon輸出セラーにとって、Amazon FBAの手数料の値上げは不評です。Amazon日本でも、Amazon FBAの手数料の値上げの際には、多くのAmazonセラーがブログなどで文句を言います。「Amazon FBAの手数料がまた値上げだよ!」というような内容のブログ記事が大量に発生します。

しかし私は、FBAの手数料の値上げは、ある程度容認すべきだと思っています。なぜAmazonがFBAの手数料を値上げするかと言えば、「FBAが儲かっているから」です。

Amazonは、世界中にその帝国を拡大し続けています。自ら多数の飛行機をチャータして中国と米国間の配送を強化し、同業者であるFedExやDHL等と激しく競争を繰り広げています。欧州での税務問題で、EUと裁判沙汰になっています。世界中に巨大なFBA用倉庫を次々に建築しています。ドローンによる配送も数年後には本格的に始まりそうです。

つまり、Amazonはただのんびりとサイトを運営しているわけではなく、あらゆる手段を駆使して、時にはトラブルに巻き込まれながら、その帝国を拡大し続けているわけです。その結果、Amazon輸出をしている私たちは商品を売る機会が増え、そして売上が上がって儲けが増えるようになっているわけです。

「Amazon輸出で売れば売るほど儲かる」環境を作ってくれている訳なので、FBAの手数料が値上がりした点だけを取り上げるのはどうかな、と思うわけです。

「Amazon FBAの手数料が値上げ」になれば、やる気のないセラーは撤退していきます。FBAの手数料が値上げになったことでこれまでとは別の手法、例えば中国の工場でオリジナルの商品を作ってAmazon米国のFBAで販売するとか、ドロップシッピング戦略を検討するとか、ほとんどのAmazon輸出のライバルが気がついていない手法に目を向けるいい機会でもあります。

※具体的なオリジナル商品のアイデア発想法、最新ドロップシッピング戦略などについては、メール相談、音声セミナー等で詳しくご説明しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。