「インド」の記事一覧

Amazon vs LAZADA 東南アジアで激突!

Amazonがインドネシアとシンガポールへの進出を発表してから、にわかに東南アジアのEC業界がざわつき始めています。いま転売ヤーが最も注目しているのが、東南アジアのEC業界でしょう。私もフィリピンにいて、世界中のせどり・ …

中国タオバオが悪質業者リストに指定された2週間後にとった荒技とは?

中国タオバオが、改めて悪質業者に再指定されてしまいました。 ■中国タオバオ、米USTRが再び悪質業者リストに指定 踏んだり蹴ったり(というか自業自得)の中国タオバオですが、悪質業者リストに指定された2週間後に、驚くべき行 …

Amazonインド 個人間取引(Peer to Peer, P2P)サービス拡大へ

『Amazonインド 個人間取引(Peer to Peer, P2P)■』サービス拡大へ 2016年7月に紹介しました、Amazonインドが始めたヤフオク、eBay、メルカリと真正面から対立するサービス、つまり「Amaz …

Amazonシンガポールの続報 東南アジアが注目される3つの理由とは?

■ Amazonシンガポールの続報 東南アジアが注目される3つの理由とは? Amazonシンガポールが2017年前半に誕生するニュースや、中国アリババの傘下であるLAZADAがシンガポールを拠点とする生鮮食料品配達サービ …

中国輸出は時代遅れ!? 輸出ビジネスの新潮流はこれだ!

■ 中国輸出は時代遅れ!? 輸出ビジネスの新潮流はこれだ! ネットニュースを見ても「中国輸出」、友達と話していても「中国輸出」…… いま、ネットビジネスではどこも「中国輸出」の話題で持ちきりですw 私は儲かるなら何をやっ …

「Amazonシンガポール」2017年に誕生へ!

「Amazonシンガポール」2017年に誕生へ!


■ 「Amazonシンガポール」2017年に誕生へ! 「Amazonシンガポールが誕生する」という噂が、海外で大きく報道されています。時期は、2017年の1月から3月の間、とされています。 最近のAmazonは、Amaz …

A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2016年11月 月刊音声セミナー 162ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間20分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク!

■ A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2016年11月 月刊音声セミナー 162ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間20分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク! A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2016年11月度の …

Amazon輸出の自動化ツール 3つの問題点とは?

■ Amazon輸出の自動化ツール 3つの問題点とは? Amazon輸出をしていると、全てのことを自動化したいという欲求が高まってきますw Amazon輸出ツールを立ち上げて、マウスをクリックするだけで月収100万円稼げ …

メルカリを捨て「Facebook マーケットプレイス」に集中せよ!

■ メルカリを捨て「Facebook マーケットプレイス」に集中せよ! [出典 : Facebook apologizes for drugs, guns, and animals that appeared in Ma …

AmazonとeBayを比較した記事を読むときに注意すべき2つのこととは?

AmazonとeBayを比較した記事を読むときに注意すべき2つのこととは?■ [出典 Is eBay The Anti-Amazon?](eBayは、アンチAmazonなのか?)■ この記事の中では、「AmazonとeB …

東南アジアのEC市場 最大の弱点とは?

■ 東南アジアのEC市場 最大の弱点とは? 東南アジアのEC市場、2020年までに250億ドル超の見込み■ 東南アジアのEC市場がいま注目されています。 私は2013年の9月からフィリピンに移住しています。 「東南アジア …

AmazonとeBay、セラーに優しいのはどっち?

■ AmazonとeBay、セラーに優しいのはどっち? Seller Protection Throwdown: eBay vs. Amazon■eBayとAmazon、どちらがセラー保護に優れているか? 日本からAma …

サーバが頼り優れている点が多いと言われているP2P形式。最近話題の仮想通貨「ブロックチェーン」にも採用されている。

■ サーバ型より優れている点が多いと言われているP2P形式。最近話題の仮想通貨「ブロックチェーン」にも採用されている。 インターネットで情報をやりとりする方法には、大きく分けて2つあります。 1つは、サーバに情報をためて …

「Amazonインドネシアの誕生」がニュースになっ7日後の06月27日に突然閉鎖された「Sukamart.com」。同サイトは住友商事インドネシア社が展2013年から開していたECショップ。

「Amazonインドネシアの誕生」が現地インドネシアでニュースになったのは、2016年06月20日のことでした。 その7日後の06月27日に、「Sukamart.com」というECサイトが突然閉鎖されました。 Sukam …

Amazon個人間取引(Peer to Peer)の衝撃度

Amazon個人間取引(Peer to Peer)の衝撃度 Amazonが個人間取引サービスを始めました。場所はインドのバンガロールです。 「Amazonが個人間取引サービスを始めた」と聞いて、勘のいい人は背筋がゾッと寒 …

Amazonインドネシア誕生へ!

Amazonインドネシアが、近いうちに誕生します。Amazonが「Amazonインドネシアの誕生」を公式に発表しました。「Amazonインド」ではなく、「Amazonインドネシア」ですね。 東南アジアで最も注目される国の …