「インド」の記事一覧

中国を恐れていては世界進出は不可能だって!?

「中国を恐れていては世界進出は不可能」という記事があります。 なぜ日本人が中国進出を恐れているのか、その理由として「パクられる」、「中国人は信用できない」、「販売店の要求が厳しすぎる」などを挙げています。 日本でも、Am …

Amazon輸出のパイオニアを名乗れるのは残り3名様のみ!

Amazonインドでトラブル続き? 国旗のマットにガンジーのサンダル Amazonインドで出品されているインド国旗マットが消費者の激しい反発に遭い、インドの外相までが苦言を呈する事態にまでなっています(^^ゞ この「イン …

A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2017年2月 月刊音声セミナー 175ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間15分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク!

A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2017年02月度の月刊音声セミナーのメインテーマは,【【最新版】Amazonリサーチツールを作って儲ける方法&Amazon輸出 「154本」の最新ニュースと重要ノウハウ徹底解説!】です。 …

Amazonインドで成功したければ江戸川区西葛西に行け!

■インドのEC市場、世界2位に 34年までに米国上回り中国に肉薄 http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161221/mcb1612210500002-n1.htm ■Amazon Lau …

Amazon vs LAZADA 東南アジアで激突!

Amazonがインドネシアとシンガポールへの進出を発表してから、にわかに東南アジアのEC業界がざわつき始めています。いま転売ヤーが最も注目しているのが、東南アジアのEC業界でしょう。私もフィリピンにいて、世界中のせどり・ …

Amazonインド 個人間取引(Peer to Peer, P2P)サービス拡大へ

『Amazonインド 個人間取引(Peer to Peer, P2P)■』サービス拡大へ 2016年7月に紹介しました、Amazonインドが始めたヤフオク、eBay、メルカリと真正面から対立するサービス、つまり「Amaz …

Amazonシンガポールの続報 東南アジアが注目される3つの理由とは?

■ Amazonシンガポールの続報 東南アジアが注目される3つの理由とは? http://www.businessinsider.my/3-reasons-amazon-make-it-big-southeast-asi …

中国輸出は時代遅れ!? 輸出ビジネスの新潮流はこれだ!

■ 中国輸出は時代遅れ!? 輸出ビジネスの新潮流はこれだ! ネットニュースを見ても「中国輸出」、友達と話していても「中国輸出」…… いま、ネットビジネスではどこも「中国輸出」の話題で持ちきりです(笑) 私は儲かるなら何を …

A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2016年11月 月刊音声セミナー 162ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間20分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク!

■ A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2016年11月 月刊音声セミナー 162ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間20分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク! A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2016年11月度の …

Amazon輸出の自動化ツール 3つの問題点とは?

■ Amazon輸出の自動化ツール 3つの問題点とは? Amazon輸出をしていると、全てのことを自動化したいという欲求が高まってきます(笑) Amazon輸出ツールを立ち上げて、マウスをクリックするだけで月収100万円 …

メルカリを捨て「Facebook マーケットプレイス」に集中せよ!

■ メルカリを捨て「Facebook マーケットプレイス」に集中せよ! [出典 : Facebook apologizes for drugs, guns, and animals that appeared in Ma …

AmazonとeBayを比較した記事を読むときに注意すべき2つのこととは?

AmazonとeBayを比較した記事を読むときに注意すべき2つのこととは?■ [出典 Is eBay The Anti-Amazon?](eBayは、アンチAmazonなのか?)■ この記事の中では、「AmazonとeB …

東南アジアのEC市場 最大の弱点とは?

■ 東南アジアのEC市場 最大の弱点とは? 東南アジアのEC市場、2020年までに250億ドル超の見込み■ 東南アジアのEC市場がいま注目されています。 私は2013年の9月からフィリピンに移住しています。 「東南アジア …