no

4月の音声セミナーで紹介しました、「究極の輸入ビジネス”●●”という超穴場! ?絶対に儲かる悪魔のような商品とは??」の補足説明です。

  1. 「輸入して販売」が難しい場合は、輸入代行、輸入アドバイザーとして手数料をもらう
  2. 対象を人間以外にする
  3. 日本以外の国の可能性を探る

「輸入して販売」が難しい場合は、輸入代行、輸入アドバイザーとして手数料をもらう

あなたあるいは提携者がこの商品を輸入して転売することが難しい場合は、輸入代行、あるいは輸入アドバイザーとして手数料をもらう方法もあります。

音声セミナーで説明しましたとおり、この商品の輸入は一般の人にはハードルが高いです。

しかしそのハードルを一度乗り越えてしまえば、あとはライバルが極端に少なくなります。

対象を人間以外にする

この商品の輸入が難しい場合、対象を人間以外の「生き物」にする方法もあります。
たとえば、ペットなどの動物や植物などです。

日本の人口が減っていく中、ペット人口は増え続けています。

この場合、音声セミナーで紹介した業種とは別の提携者・協力者が必要になります。

日本以外の国の可能性を探る

日本への輸入が難しい場合は、日本以外の国の可能性を考えます。
たとえば、欧米から輸入して、アジアで販売する、などです。

提携・協力者の探し方

また、提携・協力してくれる人の探し方としては、同じような境遇の人に紹介してもらったり、SOHOさんに探してもらう方法もあります。

社会的に意義のある仕事をしたいと思っている人が多いので、誠意を伝えれば、協力してくれる人が必ず現れるはずです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。