米国製Amazon輸出ツールを徹底解剖して反撃する方法

米国人セラーの戦略を分析し反撃する特集 パート5 「米国製アマゾン輸出ツール徹底解剖」

米国人セラーの戦略を分析し反撃する特集 パート5 「米国製アマゾン輸出ツール徹底解剖」

A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2015年12月度の月刊音声セミナーのメインテーマは【米国人セラーの戦略を分析し反撃する特集 パート5 「日本人セラーが知らない海外最新ツールを分析し反撃する方法」】です。その他、Amazon輸出実践者の必須知識や最新必読ニュースなどをわかりやすく解説していきます。

Amazon輸出は、日本に住んでいる日本人が主にAmazon米国に商品を出品して収入を得るというビジネスです。
したがって、私たちの最大のライバルは「アメリカ人セラー」です。ところが、アメリカ人セラーが使っている専用ツールについて詳しく知っている日本人セラーはほとんどいないのではないでしょうか。

たぶん「日本人セラーもアメリカ人セラーも、同じようなツールを使っている」と思い込んでいることが理由なのかも知れません。確かに、アメリカでも日本と同じようなツールもたくさんあります。しかし、日本では見つからない機能を持ったツールが低価格で出回っているのも事実なのです。
私たちの最大のライバルであるアメリカ人セラーがどのようなツールを使い、どうやって毎日の戦略を立てているのかを知ることは、日本人セラーとしてとても重要です。

ところで、なぜ日本では見かけない機能を持ったツールがアメリカでは簡単に手に入るのでしょうか。これにはちょっとしたカラクリがあるのですが、今回の音声セミナーではその裏情報も含めてご紹介します。

※毎回大好評の「アジアネット起業塾」の最新音声セミナーも無料で受講できます。両方合わせると158ページ(文字びっしり)のカラー資料と2時間30分の音声セミナーを受講できる最後のチャンスです。

【A塾 Amazon輸出専門のネット塾 12月度 音声セミナーの主な内容】

  1. 米国人セラーの戦略を分析し反撃する特集 パート5
  2. ●米国製Amazon輸出ツール徹底解剖
  3. 日本人セラーが知らない海外最新ツールを分析し反撃せよ!
  4. アマゾン輸出 必読最新ニュース
  5. 危険なAmazonツールが堂々と販売されている

米国製Amazon輸出ツール徹底解剖

  1. もしあなたが「●●」を販売するなら…
  2. 2016年以降はツールではできないノウハウが重要になる
  3. ツールで見つからない仕入れの裏技、オリジナル商品販売戦略、ドロップシッピング戦略、新しい集客方法(A9、スポンサープロダクト、ソーシャルネットワーク広告など)
  4. 米国には日本のツールにはない機能が開発・提供されている
  5. アメリカ人セラーがどのような機能を持ったツールを利用しているかを知ることは、日本人セラーとしては重要
  6. Amazon輸出ツールの基礎知識
  7. ウェブスクレイピングとは
  8. Python(パイソン)、PHP、C#などのプログラム言語を使い、Amazonのページを開いて必要な情報を入手する
  9. ちなみに初心者でも1,2週間勉強すれば、ウェブスクレイピングで情報を入手できるようになる
  10. ウェブスクレイピングのルールを守っていてもAmazonには通用せず、Amazonの規約違反となる
  11. このようなツールを使っていることがAmazonにわかってしまった場合、Amazonでのセラーアカウントは削除されるAmazon輸出ツールには、主に次の4つの機能がある
  12. ツールが動作する環境には2種類ある
  13. 2014年秋、 「Amazon輸出ツールの機能はこれ以上開発できないところまで進化した」
  14. Windowsパソコンダウンロード型ツールの欠点の解決法
  15. ブラウザー型ツールの開発環境
  16. Windowsパソコンダウンロード型の開発環境
  17. 日本人が知らない米国産Amazon輸出ツール
  18. アメリカ人セラーがどのような機能を持ったツールを利用しているかを知ることは、日本人セラーとしてとても重要彼らがどのようなツールを使って戦略を組み立てているのかを知る必要がある
  19. 今回は「●●」というツールを取り上げる
  20. 「●●」とは?
  21. 「●●」のように、日本のツールにはない機能を持ったツールもある
  22. じつは「●●」の機能の半分はAmazonの規約違反
  23. 「●●」の主な5つの機能
  24. ●●を毎日チェックする機能
  25. ●●を記録していく機能
  26. ●●一覧で見ることが出来る機能
  27. ●●から派生してAmazon●●を収集できる

Amazon輸出必読最新ニュース

  1. 中国ネットモールCmall、安心決済サービスを開始
  2. 銀聯カード決済の提供をEC・実店舗向けに開始、ソフトバンク・ペイメント・サービス
  3. 【日中越境EC】Cmall活用で取引リスク回避へ!
  4. スペイン版アマゾンロッカー「CorreosPaq」が登場。 オンラインショッピング利用者に朗報。
  5. 海外向け「越境EC」 爆買い見て売れ筋つかめ
  6. リクルートグループが越境EC、tensoと「ポンパレモール」英中版、ネットで「爆買い」狙う
  7. 「越境EC転送チャージバック保証」を開始、海外からの不正注文も保証の対象に(tenso)
  8. 米アマゾン初の書店 本拠地シアトル
  9. 通販のアマゾン 初の対面販売の書店開設へ
  10. 「アマゾンパントリー」に勝機 コンビニよりNB充実
  11. 「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用
  12. 急増する転送業者、カード不正利用の温床に
  13. 懐かしのレトロゲーム求め… 秋葉原に集まる外国人たち
  14. Amazon「輸入生活雑貨ストア」をオープン 世界で人気のインテリアや生活雑貨を取り扱い開始
  15. アマゾンが物流業に本格参入するインパクト
  16. 「日米プログラマーのプログラミング言語別年収ランキング」が驚きの結果に…

危険なAmazonツールが日本で堂々と販売されている

  1. 「●●」定価¥●●万五千円
  2. アマゾン関連の書籍を出版している数名が推薦状を寄せている
  3. 「僕が唯一推薦するAmazonツールです」
  4. Amazonのアカウント削除の危険性
  5. Amazonが本気を出せば、「威力業務妨害罪」(ビジネスの邪魔をした)で刑事裁判を起こすこともできる
  6. 開発した本人が使うなら自己責任だが、ツールの危険性を隠し言葉を巧みに操って販売している
  7. 編集後記
  8. 次回予告
  9. 2016年のAmazon輸出を予測する。毎年年末恒例の1年間の総括と翌年以降のAmazon輸出最前線
  10. 【最新版】合法?違法?ライバルの情報を盗んで稼ぐ無敵の裏ワザ! パート2

ご案内

  • ブログ等では書けないノウハウも、カラー資料(文字びっしり)と音声で分かりやすく解説します。
  • 内容は変更になる場合があリます。
  • 2015年12月度の月刊音声セミナーは11月末日までに会員となられていた方のみが対象です。資料は12月営業初日の午前中に配布予定です。
  • 音声セミナーでは、Amazonの管理画面に関すること、Amazonのサポートに聞けば解決すること、ネットで調べれば解決すること等はできるだけ排除しています(一部の重要事項を除く)。
  • 本資料、ブログ、書籍、セミナー等で、見返りをもらっていたり、知人だからという理由で紹介している情報、サービス等は一切ありません。全て「あなたにとって有益かどうか」で判断しています。