[最新版]あなたにもできる!本を出版して成功する方法 多数の著者を生み出した人気セミナーの改新版

[最新版]あなたにもできる!本を出版して成功する方法 多数の著者を生み出した人気セミナーの改新版 A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2014年10月 月刊音声セミナー 60ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間03分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク!

[最新版]あなたにもできる!本を出版して成功する方法 多数の著者を生み出した人気セミナーの改新版 A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2014年10月 月刊音声セミナー 60ページのカラー資料(文字びっしり) 1時間03分の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク!

A塾アマゾン輸出専門のネット塾 2014年10月度の月刊音声セミナーのメインテーマは【[最新版]あなたにもできる!本を出版して成功する方法 多数の著者を生み出した人気セミナーの改新版】です。その他、Amazon輸出実践者の必須知識や最新必読ニュースなどをわかりやすく解説していきます。

※毎回大好評の「アジアネット起業塾」の最新音声セミナーも無料で受講できます。両方合わせると192ページ(文字びっしり)のカラー資料と2時間43分の音声セミナーを受講できる最後のチャンスです。

【A塾 Amazon輸出専門のネット塾 10月度 音声セミナーの内容】

  1. Amazon輸出 最新の動向
  2. Amazon輸出はいま3つ目のレベルに入ろうとしている
  3. レベル1: 黎明期から参入者が増加していた時期。先行者が利益を得やすかった
  4. レベル2:●●、●●、●●し、初心者がそれを安易に利用している時期。ツールによる大量出品、●●等に伴うアカウント停止、削除の危険性増大。●●は未開拓
  5. レベル3:●●で情報を共有(●●リスクの軽減)。●●に特化した戦略、●●の活用(ツール+無在庫出品者が入ってこれない領域)
  6. 今はレベル2に人が殺到している。先頭を走っている人だけがレベル3に移り始めている
  7. Amazon輸出の初心者が陥るよくあるパターン
  8. ●●できる理想的なビジネス
  9. ●●などでさまざまな●●もできる
  10. ●●できる●●も増えてきた
  11. その反面、●●が活用できない、ツールによる大量無在庫出品、●●等に伴うアカウント停止、削除の危険性が増大している
  12. 要するに、ネット等で配信される情報を元にAmazon輸出を始めようとする初心者は、レベル2からスタートし、そこから抜け出すことができない
  13. Amazon輸出の先頭を走っている人たちは、レベル3に移り始めている。
  14. レベル3:●●で情報を共有(●●リスクの軽減)。●●に特化した戦略、●●の活用(ツール+無在庫出品者が入ってこれない領域)
  15. レベル2にひっかかってしまった人がそこから抜け出すのはとても難しい
  16. レベル2とレベル3の溝は想像以上に深く、この状態は少なくとも数年続く
  17. もしかしたら「Amazon輸出の●●」というものはなく、●●と●●との戦い(?)がAmazon輸出の本質かもしれないレベル2にいる人はレベル3の存在に気づくことさえできないが、レベル3にいる人はレベル2のことがよく見えるしたがって、レベル2にいる人は、なぜ自分のAmazon輸出が思うようにうまくいかないのか、その理由を知ることができない
  18. 初心者は最初からレベル3に入ってきたほうが良いが、そういった情報は本人には見えないし、提供もされない
  19. レベル3の人がレベル2の人にアドバイスをすることもできるが、レベル2の人は安易に「●●や●●」が最も稼げると頭から信じているので、それに飛びついてしまう
  20. レベル3とは、前回お話した「4つの組み合わせ」のこと。
  21. レベル3は現在●●という状態

あなたにもできる「本を出版して成功する」最新ノウハウ

  1. 約1年前に紹介したノウハウの最新版
  2. ここから数名の著者が生まれた
  3. いままでの常識をひっくり返す商業出版の最新成功ノウハウ!
  4. 100万円の「出版セミナー」にダマされる人たち
  5. 「出版ノウハウ」という書籍を読んでも出版できない理由とは?
  6. その他大勢から一瞬で抜け出す「出版」の魔力!
  7. この内容を実践すればあなたも出版のチャンスが巡ってくる!
  8. シロウトの私が3日間で2つの出版を決めた具体的な方法とは?
  9. 一冊分の情報、ノウハウがあれば、出版は比較的簡単
  10. そもそも出版とはなんなのか?
  11. 出版不況はチャンス
  12. 出版する前に読まなければならない資料とは?
  13. 本が売れる冊数
  14. ビジネス書の場合は●●部売れればOK
  15. ●●部以上売れる本はほとんどない
  16. 自費出版と商業出版の違いとは?
  17. あなたが狙うのはどちら?
  18. あなたにとって出版がなぜ必要なのかを知る
  19. 書籍が売れるかどうかは、広告、マーケティング次第
  20. 「Amazon輸出 入門」の企画書公開!
  21. なぜ「Amazon輸出 実践」の企画書が存在しないのか?
  22. あなたが出版できるかこれで判断
  23. そもそも出版とはなんなのか?
  24. 書籍を出版し、ご自身のブランディング、マーケティングとして活用することは、成功する経営者またはビジネスの必須条件
  25. そして、今後もますますその傾向が強くなっていく。
  26. 「名刺代わりに本を書くべき時代。自分と事業をブランド化するための重要な一歩」
  27. 出版はあなたの知識を世に普及させ、読者の可能性を引き出す素晴らしい行為。
  28. なぜいま出版がチャンスなのか?
  29. 出版不況はチャンス
  30. 出版業界は新しいスターを捜している!
  31. 出版販売金額の減少
  32. 一般社団法人日本書籍出版協会提出資料
  33. 販売金額の減少
  34. 書店数の減少
  35. 総発行部数は減っているのに新刊点数は増加している!
  36. 「総発行部数は減っているのに新刊点数は増加」とはどういうことか?
  37. 「●●で対応する」ということ
  38. つまり、あなたの企画が●●すれば、出版できることになる
  39. この流れは、出版を目指すあなたに有利!
  40. 本が売れる冊数
  41. ビジネス書の場合は●●部売れればOK
  42. ●●部以上売れる本はほとんどない。
  43. 本は1年間に7万冊以上出版される(マンガ、雑誌を除く)
  44. 自費出版と商業出版
  45. 自費出版とは? ⇒ 自分でお金を出して本を作って出版する方法
  46. アマゾン・キンドルの可能性
  47. 情報商材の地殻変動。●●、●●はどうなる?
  48. 商業出版とは? ⇒ 出版社がお金を出してあなたに本を書いてもらう方法。
  49. あなたが狙うのはどちら?
  50. ここからは商業出版について解説
  51. この資料を読んでから出版までの流れ
  52. 本を書くための準備をする
  53. ●●を探す
  54. ●●に電話、対面で伝える
  55. ●●を作る
  56. ●●を●●に渡して●●してもらう。
  57. 企画に興味を持った出版社から●●宛に連絡が入る。
  58. あなた、●●、●●(通常1,2名)の3者ミーティングが行われる。
  59. 出版社から出版の可否の連絡。出版決定。その際に出版社から企画の修正が入る。できるだけ従う。
  60. 出版社とやりとりしながら執筆 ⇒ 脱稿
  61. 印刷 ⇒ 出版 ⇒ 書店に並ぶ
  62. 本を書くための準備をする
  63. だれでも一冊の本を書くだけの情報を持っている
  64. ユニークポイントの探し方
  65. 本を書くための準備をする
  66. 「出版ノウハウ」という書籍には、「1.本を書くための準備をする」ためのノウハウしか書かれていない
  67. ●●の見つけ方
  68. ●●との出会い方
  69. 書くときの心構え
  70. ●●の見つけ方
  71. ●●とは?
  72. ●●
  73. ●●
  74. あなたが本を出版するにあたって、最も可能性の高い方法。ほとんどの人が知らない。
  75. ほとんどの人が出版できない理由
  76. ●●
  77. ●●
  78. 実力のある●●
  79. 出版確率はなんと●●%!
  80. ●●
  81. ●●
  82. インフォトップの菅野 一勢氏などがここから出版
  83. 出版企画書とは?
  84. 出版企画書を書く2つの方法
  85. ●●
  86. ●●
  87. ●●
  88. 出版社から言われた衝撃の一言とは?
  89. 「一般の人は、片手間で楽に儲けたいと思っている。そういったニーズに合った本を出さなければ売れません。そうでない本は出版すらできません。」
  90. ●●
  91. ●●
  92. 世の中に、「ユーチューブ動画で大儲け!」、「スマホ一台で3万円」、「主婦がアフィリエイトで月収30万」、「ヤフオクで始めて月100万」という本があふれている理由
  93. この音声セミナーを聞いている人は「自ら変化する人(上位20%)」
  94. 本は「変化しなければならないとわかっていながら何もしない人(60%)」向けに書かなければならない
  95. ここのジレンマがある
  96. 出版社対面前に準備しておくもの
  97. ●●
  98. ●●
  99. ●●
  100. 出版企画を通したいと思ったら、「●●できること」を主張する
  101. ●●があることを企画書に書く。
  102. 言ってはいけないこと
  103. ●●
  104. ●●
  105. ●●
  106. ●●
  107. 「●●」というと出版社が喜ぶ
  108. 印税とは?
  109. 印税は、本が売れたら、本の定価からあなたがもらえるお金
  110. 印税は6~10%が相場。
  111. 執筆前 準備
  112. 本を書く前にたくさんの類書を読み込まなければならない
  113. 同じジャンルの本を10冊以上、全く関係ないジャンルの本を2冊以上読む。
  114. その内容をまとめる
  115. たくさんの本を早く読むには?
  116. 2つの速読方法
  117. 速読方法(1)●●
  118. 速読方法(2)●●
  119. 執筆の文字数と日数
  120. ビジネス書の場合、10万文字が目安
  121. 図などを入れると200~235ページくらいになる
  122. 著者(あなた)や文量、ジャンルによって異なる
  123. ●●先生は「1冊の本は1週間あれば書ける」といっていた。
  124. 定価で1500円。これ以上のページ数になると1600円以上になり、売上が落ちる
  125. 巻末にCDなどをつけることもできるが、定価が100円プラスになる
  126. 伝わる文章の書き方
  127. ●●
  128. 執筆に最適なパソコン環境の整え方とは?
  129. ワープロソフト
  130. テキストエディタ
  131. ●●エディタ
  132. ●●
  133. ●●
  134. テキストエディターはネットビジネスで必須
  135. ちなみに出版社で使われるデザインソフトはアドビ インデザイン(Adobe InDesign)
  136. 実際の流れはこのようになる → 10万文字をテキストエディターで書く → それをワードにコピーして編集者にメールの添付ファイルで送る → (1)手直しされて送り返されてくる → (2)手直しして送り返す → (1),(2)が5~10回程度繰り返される
  137. キーボードは「●●がない」方が良い
  138. キー入力からマウスへの手の移動距離がぜんぜん違う
  139. ディスプレイをどうするか?
  140. 「●●」+「●●」ディスプレイが理想。
  141. ●●ディスプレイでも良い
  142. ディスプレイは全く同じサイズにしないと疲れる → 同じメーカーの同じ型番のもの
  143. デュアル(マルチ)ディスプレイ環境を快適にするソフトを使うと良い
  144. ゴーストライターとは?
  145. 自分で書けない場合は、プロのライターさんに依頼する。
  146. ●●が紹介してくれる場合もある
  147. ●●
  148. ●●(仕事依頼に募集掲載)
  149. 一度募集掲載すれば、●●
  150. 本1冊分の相場は●●万円~●●万円程度
  151. ライターの低価格化が進んでいる
  152. ●●を全てゴーストライター費用に当てることもできる
  153. 「この本はゴーストライターが書いた」と著者本人が言っていた
  154. 2~3時間、ライターに口頭で説明 → それを文章にする → これを3回繰り返した
  155. ゴーストライター費用は●●万円
  156. ちなみに私は3冊とも自力で書いた
  157. 参考文献の意外な落とし穴
  158. アメリカでは参考文献を書かないと、訴訟になる。
  159. 日本はルーズ。しかしいつ訴えられてもおかしくない。
  160. ●●を参考文献にすれば安心
  161. 絶対忘れてはいけない「巻末特典」
  162. これを知らないと1000万円損をする
  163. 2冊めの出版時にも利用できる
  164. 巻末特典の実例を紹介
  165. 執筆後から出版まで
  166. 出版社に●●を渡す → 修正など → 最終確認(対面が多い) → 最終決断(あなた) → 出版
  167. なぜキャンペーンをするのか?
  168. 本は売れなければ話にならない
  169. 実は「書く」より「売る」ほうが大変だった!
  170. 「出版したことがある」に「ランキング上位」をプラスすることでブランディングに相乗効果がある。
  171. ホームページ、名刺、プロフィールに書ける。この効果はバカにならない。
  172. 出版界の●●に載らないため
  173. なぜ出版社はあなたの本を宣伝してくれないのか?
  174. 本が売れれば儲かるのに、出版社はあなたの本の宣伝をしない。なぜか?
  175. 理由1:●●
  176. 理由2:●●
  177. 1刷、2刷とは?
  178. 出版社は「この本は3,000部売れるでしょう」と予想して印刷する
  179. 印刷して売れないと損失になるため
  180. 当初の予想より売れれば増刷となる
  181. 「●●刷」までいけばOK!
  182. キャンペーンで最も重要=ブランディング効果
  183. 現在の本の売れ方は…アマゾンで予約 → 書店がそれをみて注文 → 本がよりたくさん売れる
  184. 本をたくさん売るには、アマゾンを攻略することが最も重要。
  185. 日本中の書店がアマゾンを重要視している
  186. アマゾンランキング上位を狙う
  187. キャンペーンの価値
  188. アマゾンで上位になるには、キャンペーンをやるかやらないかにかかっている
  189. 1時間に●●冊売れれば、小カテゴリーでランキング1位になれる。
  190. 1時間に●●冊売れると、総合1位になれる。
  191. ●●で告知すると、小カテゴリーでランキング1位になれる。
  192. アマゾンキャンペーンの進め方。サイト制作 → マーケティング、広告
  193. キャンペーンは●●日にする
  194. キャンペーンサイト制作
  195. 自分で作るか迷っている時間はない
  196. 「いまからホームページ編集ソフトを買って」は手遅れ
  197. 自分で作れない場合はプロ(ホームページ制作会社、SOHO等)に頼む
  198. 1ページ+メールフォームで●●~●●万円くらい
  199. ●●法、●●を明記
  200. 「出版キャンペーン」サイトを1万円で作ろう!
  201. キャンペーンサイトを1万円で作る3ステップ
  202. ステップ1:●●
  203. ステップ2:●●
  204. ステップ3:●●
  205. キャンペーン プレゼントの発送
  206. プレゼントは発送かダウンロードか?
  207. ●●の方が反応率が高い
  208. ●●をしっかり試算しよう
  209. 発送の内容 ●●か●●か
  210. 500人×郵送費(160円)×印刷、●●制作費=???
  211. ●●制作会社 「●● プレス」で検索
  212. ●●ならいくら来ても手間も費用も1回分。
  213. 効果的なキャンペーンとは?
  214. 最も効果的な集客方法とは?
  215. ●●に依頼する
  216. ●●さんはいつも友達のメルマガで紹介してもらっている
  217. 意外と承諾してくれる場合が多い
  218. マーケティング
  219. キャンペーンサイトに集客する方法
  220. ●●にアピール
  221. ●●に依頼
  222. ●●に●●
  223. ●●で宣伝
  224. ブログの頻繁更新 ⇒ 最新ブログの常に上位に表示される
  225. 効果のある広告
  226. 「●●」 書評とインタビュー記事=●●万円?
  227. ●● サイトバナーとメルマガ広告=●●万円
  228. ●●にお願いする
  229. ●● メルマガ = ●●万円
  230. ●●で安くなる場合もある
  231. その他のキャンペーン、マーケティング、広告
  232. どの方法も出版社へ了解を取っておく
  233. ●●への売り込み
  234. ●●
  235. 迷惑、嫌われる傾向にある
  236. 日本●●センター
  237. ●●めぐり
  238. 手書きPOP
  239. 「手書きPOP」でGoogleの画像検索
  240. ソースネクスト「●●」 ⇒ 手書きの面倒から解放されるパソコンソフト
  241. ●●の協力
  242. ●●、●●広告
  243. ●●への●●。発売の4週間前から準備。
  244. 書籍巻末にキャンペーン告知ページ
  245. これがあるのとないのとでは、数千万円違う。
  246. 書店で見つけたら●●
  247. 出版●●はあまり効果なし。
  248. 効果のない広告、手を出してはいけない広告とは?
  249. キャンペーンサイトに集客する方法
  250. ●●広告
  251. ●● 広告
  252. ●●配信
  253. ●●広告
  254. ●●、●●広告
  255. ●●カテゴリー登録
  256. ビジネス●●
  257. ●●サイト
  258. ビジネスブック●●
  259. メルマガ読者増サービス
  260. アマゾンランキングを自動で確認する方法
  261. アマゾンランキングは1時間に1回更新される
  262. 午前5時にあなたの本がランキング1位になっていたら…
  263. アマゾンランキングを自動で確認する方法とは?
  264. ●●
  265. ●●
  266. アマゾン在庫切れ注意
  267. アマゾンで売れすぎ在庫がなくなると、順位(ランキング)が伸び悩む。
  268. 「在庫がないならいらない」
  269. 予め出版社へキャンペーンの内容を詳しく伝えておく。
  270. ●●~●●部
  271. 出版後「出版の実績」を大々的にアピール
  272. ●●
  273. ●●
  274. ●●
  275. ●●
  276. 読者から連絡が入ることがある。 ⇒ ビジネスチャンス
  277. Amazonレビュー対策
  278. 「Amazonレビューは茶番」とわかっていれば対策できる
  279. Amazonレビューが参考にならないこれだけの理由
  280. 共著者やサイト内で紹介した人までも攻撃する嫌がらせレビュー
  281. 著者はみんな被害者
  282. 海外では、Amazonレビュー代行ビジネスがあるらしい
  283. 「俺が悪いレビューを書いてやった」と脅迫のようなメールが来ることもある
  284. 嫌がらせAmazonレビュー投稿者からの脅迫(?)メールを公開!
  285. 同業者の嫌がらせレビューの特徴と見分け方
  286. 嫌がらせレビューの特徴
  287. 「●●…」
  288. 「●●…」
  289. 「●●…」
  290. 「●●…」
  291. 同業者?からの嫌がらせレビューは日常茶飯事
  292. Amazonの対応
  293. ●●
  294. ●●
  295. あなたの対応
  296. ●●
  297. 出版社の対応
  298. ●●
  299. レビューを何とかして欲しいとお願いされるケースも多い
  300. 嫌がらせレビューの最も良い対応策はこれ!
  301. ●●
  302. もともとレビューは茶番だから、●●してしまおう!
  303. 全著者がこうすれば、Amazonも少しは反省するだろう
  304. Amazonレビューの3年後
  305. ●●
  306. ●●
  307. ●●
  308. 出版界の●●に載ると、あなたは二度と出版できなくなる!
  309. ●●、●●の場合は、出版業界の●●に載る。次の出版が困難になる。
  310. 書籍の内容はもちろん、キャンペーンをしっかりやって本を売る。
  311. 3冊出版しないと一人前とは言われない理由とは?
  312. 自費出版は商業出版がどうしてもできない場合の選択肢
  313. 普通の本と見分けは付かない。
  314. アマゾンでも販売、購入できる。
  315. キャンペーンを行えば「アマゾンランニング1位」も可能。ブランディング効果も期待できる。
  316. 「自費出版」トラブルに注意
  317. 自費出版のトラブルニュースを読んでおこう
  318. ●●
  319. ●●
  320. ●●
  321. アマゾン・キンドルという選択肢
  322. 出版ノウハウの参考書籍、参考資料など
  323. 「●●」
  324. 「●●」
  325. ●●
  326. 「Amazon輸出 入門」出版企画書
  327. 初期のタイトルは「Amazon輸出で始める副業・起業ガイド」だった(笑)
  328. 書籍のタイトルは、あなたではなく出版社が決める
  329. Amazon輸出 実践編の企画書がないのは、●●だったため

Amazon輸出 必読ニュース

  1. アマゾンが上海FTZ進出=中国顧客に海外商品販売へ
  2. Amazon.com、中国・上海自由貿易区で事業開始へ
  3. Amazonの「中国進出」か 欧米メディアは「期待と懸念」の見方=中国メディア
  4. アマゾン上海上陸!アリババを脅かす存在となれるのか?
  5. アマゾン、出版社「格付け」 電子書籍、有利な契約優先
  6. Amazon輸出 必読ニュース
  7. 日本でも独自の仮想通貨「Amazonコイン」の提供が開始
  8. 日本でも始まる? アマゾンの顧客を自社サイトに誘導できる米アマゾンの新広告に注目する理由
  9. 出品者向けの検索連動型広告「Amazonスポンサープロダクト」を開始、アマゾン
  10. Amazon が人々の実店舗での購買行動も把握する日が来る
  11. Amazon.co.jp、法人の販売事業者向けに新しい融資サービス「Amazon レンディング」の提供開始
  12. 「Amazon Zocalo」正式サービス開始、企業向けDropbox的なファイル共有サービス。本家Dropboxも同日にビジネス向けを1人1テラバイトへ拡張
  13. 北米への越境ECをAmazonで 法人向け「Amazon.com出品支援サービス」開始
  14. Amazonのカー用品ストアで購入した製品を、オートバックス全国448店舗で取り付け可能に
  15. 米AmazonのKindle管理サイトに脆弱性、不正な電子書籍で悪用可能に
  16. Amazon.co.jp、革新的なカスタマーサポート「Mayday」の提供を開始
  17. amazonが士業を脅かすという仮説
  18. アリババの上場後の見通しは!?アマゾンと比較してみた
  19. アリババのIPOが世界最大規模となる見込み 時価総額でAmazon抜く可能性
  20. ビジネス、プロフェッショナル、国そして通貨を結ぶ-Payoneer ペイオニア新ブランド発表!
  21. Amazonから全ての本を引き上げて過去最高収益を得る出版社とは?
  22. 楽天が米ネット通販買収 1000億円超、世界市場に足場
  23. BENLY、オークファンとの連携開始 「BENLY」と「グローバルオークファン」のユーザーを相互に誘導

「●●」アジアで躍進

  1. 日本、米国、ヨーロッパのネット通販はすでに勝負が決まっている
  2. しかし、東南アジアはまだどこも参入してきていない
  3. ドイツから来た「●●」が2年で東南アジア圏を躍進している
  4. 楽天もこういったところを狙えばいいのに
  5. たしかに、フィリピンで通販といえば●●以外に何もない
  6. 実際にはいくつかあるが、品数が少なすぎる
  7. ●●が可能
  8. ●●の不安を払拭
  9. 「お金を払ったのに商品が届かない」ということがない
  10. 配送スタッフはお釣りを持っていないので、ピッタリのお金を用意する必要がある
  11. ●●はフィリピンのヤフオクのような個人売買サイト
  12. フィリピンのネット通販はこのサイトが詳しい

アリババ上場

  1. Amazonを超える時価総額?
  2. とにかく売っているものがスゴイ!

編集後記

  1. 記憶力を高める2つの方法

次回予告

  1. Amazon輸出1ヶ月分のノウハウが1時間で学べる!
  2. クリスマスシーズン 出遅れたあなたが取るべき戦略とは?
  3. ツールを凌ぐ「4つの組み合わせ」の最新情報

アジア ネット起業塾 10月度音声セミナーの主な内容

(A塾の会員様は、アジア ネット起業塾の音声セミナーも無料で受講することができます)

【アジア ネット起業塾 10月度 音声セミナーの内容】

  1. 「ものづくり産業で日本が輝く時代は”二度と来ない” 」孫正義氏が目指す2つのビジネス方針とは?
  2. 「モバイルインターネットのナンバーワンになる」
  3. 「アジアネットビジネスのナンバーワンになる」
  4. 日本が唯一復活できる可能性がある場所は?
  5. モバイル革命は日本に残された最後のチャンス
  6. 「モバイルを制するものがインターネットを制する」
  7. 「アジアを制するものが世界を制する」
  8. いったい、ネットビジネス界に何が起こっているのか?
  9. いま、ネットビジネス界に起こっている3つのこととは?
  10. モバイル化:新興国、途上国を中心に、モバイルが急速に普及している。そしてHTMLが土台となっているネットビジネスが、モバイルを土台とするネットビジネス(アプリ)になり、全てが再スタートされる
  11. 爆発的な利用者の増加:今までインターネットの恩恵を受けられなかった新興国、途上国の人々が、スマホに殺到する。1人、2人という単位ではない。10億人、20億人という途方もない単位
  12. 人材の低価格化:前回紹介した「下層ノマド化する日本人スタッフ」。海外と比較して高額な報酬を得ている日本人スタッフが、人件費が安く優秀なアジアの人材に置き換わっている
  13. 「ネットビジネス」はどのように作られているか?
  14. 近所のパン屋さんに必要な物は6つ → (1)店の名前、(2)土地、(3)建物、(4)パン、(5)集客、(6)運営スタッフ
  15. ネットビジネスも同じ → (1)店の名前=ドメイン、(2)土地=レンタルサーバー、(3)建物=HTML、(4)パン=商品、(5)集客、(6)運営スタッフ
  16. HTMLがモバイルアプリに置き換わる
  17. 日本人スタッフがアジアの人材に置き換わる
  18. そしてその新しい場所に、10億人、20億人が殺到し始めている
  19. つまり、15年以上続いてきたネットビジネスの土台が崩れ、あらゆる分野で「総入れ替え」が起こっている
  20. そして、その新しい市場に、10億人、20億人という単位で利用者が殺到している
  21. 15年以上指をくわえて来た人、後発組で先行者にやられっぱなしだった人に、最後のチャンスが巡ってきた、ということ
  22. 逆に先行者は頭を切り替えないと、今後10年以上は立場が逆転することになる
  23. 今後狙い目の「●●の●●」、「●●の●●」、「●●の●●」などは、数回前の音声セミナーで紹介した。
  24. いまから日本で「ホームページ制作会社」を始めても無理。しかし、 「●●」は無限の可能性あり

モバイル化

  1. フィリピンにいると肌で感じる。パソコンは普及しないが、スマホは急速に普及している
  2. パソコンは高価で生活必需品ではない。だから誰も買わない
  3. スマホは生活必需品なので、借金をしてでも買う
  4. ●●アプリは、世界中で大センセーションを巻き起こしている
  5. 日本は規制があるので進んでいないが…
  6. ニューヨークの●●会社は真っ青
  7. フィリピン・マニラで配布されているフィリーペーパーに載っている、地元で有名な●●会社の「●●サービス」。
  8. ●●
  9. ●●
  10. 手数料は100ペソ(約230円)
  11. 「モバイルファースト」ビジネスの実例
  12. 初心者にもオススメ!●●を使って●●をもっと活用してみよう!
  13. そこで登場したのが「●●」(日本語対応)
  14. ●● → 広告収入というビジネスモデル
  15. 「●●と連携して50分の無料オンライン英会話が受けられるプロモーションが用意されている」
  16. フィリピン セブで有名な●●も、●●する余地あり
  17. ●●すれば、印刷不要、置き場所不要、スタッフ削減
  18. マーケティングも簡単
  19. その店の近くにいる人だけに広告配信、日時を指定したクーポン券の配信なども簡単
  20. 「●●に勝てる●●を作りたい」と思っても今からでは無理。しかし、アプリ版を作れば対抗できる可能性がある
  21. ●●している会社や●●社が●●に乗り込んできている
  22. 逆に、●●が●●に乗り込むなら「●●」
  23. モバイル化の特徴は…
  24. だれでも簡単に思いつく
  25. そしてそれを一番初めに始めた人が市場を独占する、ということ
  26. そしてそれが、既存のビジネスを世界中で破壊する
  27. 将来的に、スマホの本体価格は5,000円以下になる
  28. そして、足りない機能はハードではなくてソフト(アプリ)で補う
  29. そもそも「本体」も組み立て式になる可能性大
  30. 新興国、途上国では、高価で高機能なアップルではなく、安価でカスタマイズが容易なグーグルのアンドロイドが優位に立つ
  31. 次に控える「●●ビジネス」
  32. ●●で最も注目されているのは「●●」
  33. だれか、「●●起業塾」「●●ネット起業塾」を始めるといいかも
  34. ちなみにその次は「宇宙ビジネス」が控えている(笑)
  35. 人材の低価格化
  36. クラウドソーシング化で、デザイナー、プログラマー、翻訳、文字入力、ホームページ制作、SEO対策等、あらゆるジャンルの人件費が10分の1になる
  37. 「あなたのビジネスを手伝わせて欲しい」という優秀な人材は世界中にゴマンといる。あなたとその人をマッチングさせるのが「クラウドソーシング」
  38. ノマド = 「カフェで気楽に仕事する人たち」と紹介されることが多い
  39. しかし、本来のノマドは3つに分けられる
  40. ハイパーノマド:世界を舞台に活躍する。グローバルビジネスマン、グローバル起業家、アーティスト、クリエイター、建築家など。世界に2000万人いる(誕生する)と言われる
  41. バーチャルノマド:ある地域にとどまり、ネットで収入を得る
  42. 下層ノマド:職を求めて世界中をさまようことを強制される人々
  43. そして、日本人デザイナーに残された道は2つしかない
  44. そして同じことは、デザイナー以外の、日本のネットビジネス界のあらゆる場面で起こる
  45. 「超分業の時代。クラウドソーシング市場は不可逆的な世界潮流となってきている。2020年までには世界の労働者の3人に1人はオンラインワーカーになっている」(oDesk社スワート社長)
  46. 「海外の競合他社が、クラウドソーシングを戦略的に使っているという事実をどうします? 10分の1のコストで5倍のスピードで商品開発しているんですよ。どうするんですか?」

先着1名様限定!「●●」とは?

  1. いま始めれば「パイオニア」になれる、「●●コンサルタント」とは?
  2. ネットビジネスはHTMLからモバイルアプリへの大転換時代
  3. HTML時代のもっとも重要なネット集客方法は「SEO」だった
  4. SEOとは、ヤフーやグーグルの検索結果の出来るだけ最初の方に表示させるテクニック
  5. モバイルアプリ時代は「●●」がもっとも重要なネット集客の1つになる
  6. 「●●」とは、●●させるテクニック
  7. HTMLからモバイルアプリへの大転換時代。これからの重要なネット集客の1つとなるのは疑いの余地なし
  8. ●●
  9. 「●●」で検索すれば、ネットで情報配信している人を見つけることができる。しかし、本格的にビジネスにしている人はほとんどいない
  10. つまり、●●はビジネス成長曲線の「黎明期」に当たる
  11. 参入には絶好のタイミング
  12. しかも、参入に大した費用はかからない
  13. こういったチャンスは10年に一度あるかないか
  14. Amazon日本で「●●」、「●●」で検索しても、誰も情報を配信していない
  15. Amazon米国で「●●」で検索すると、ごく少数の本(3冊?)を見つけることができる
  16. 要するに…
  17. ●●でネット検索し、情報を収集する → ●●の洋書を購入し、格安翻訳(フィリピンなら丸1日雇用しても500円程度)で概要を調べる。細かいニュアンスはわからなくてもよい。概要だけ分かればOK → (あなたにこれまでのホームページやSEOの知識がないなら)実績あるホームページ制作会社等に監修者、アドバイザーとして名前だけ貸してもらう → そしてその知識を1冊の本にして出版してしまう(キンドルでも可) → そうすれば、あなたは今後10年以上、「日本で初めて●●のノウハウを体系化し、書籍を出版したパイオニア」という肩書が手に入る
  18. 実際、SEOの黎明期だった2002年頃にSEOの情報を配信し始めた人は、いまだにSEOの元祖、パイオニアと名乗っている
  19. その1,2年後に、SEOコンサルタントと名乗る人が大量に発生した(現在、書籍、塾、コンサルタントをしている人は、ほとんどこの時期に参入してきた人)
  20. 先着1名様限り!「日本で初めて●●のノウハウを体系化し、書籍を出版したパイオニア」という肩書を手に入れよう!
  21. 費用と期間はどれくらいか?
  22. SEOが普及したあとに生まれたさまざまなサービス

ネットビジネス 必読ニュース

  1. iBeaconで近距離コミュニティーを自動生成-渋谷の企業がアプリ開発
  2. NTT、視覚障害者向けスマホ文字入力アプリを開発 – 指の移動をスマホが検知
  3. 「開発スピードは重要」300万ダウンロードの夫婦アプリ開発者「hamon」に開発のコツを聞く
  4. 初めての iPhone アプリ開発を振り返って
  5. アプリ開発をクラウドソーシングで依頼する際に気を付けたい3つのポイント
  6. アプリ製作者は注意!コーディング不要で気軽に作れる時代が到来
  7. アプリのピークは過ぎたのか?
  8. タクシー配車アプリをめぐる状況
  9. サイト訪問者数は減少するも、モバイルファーストに対応したサイトは上昇ー2014年サイト集客ランキング
  10. アプリ開発 米で神童発掘過熱
  11. 簡単に店舗独自のスマホアプリが作れる「GMO AppCapsule」
  12. もう企業は公式アプリを作らなくてOK? LINE、企業向けにAPIを提供へ──「LINE ビジネスコネクト」スタート
  13. 67才プログラミングほぼ未経験にしてiPhoneアプリをリリースした方に色々聞いてみた
  14. YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方
  15. フィリピンの人材活用、日本で広がる 英語力と安価な人件費にメリット、成長戦略を先取りか
  16. マニラから世界へ携帯ゲームを届ける「Klab」現地法人-3Dゲーム開発も
  17. デング熱 検査希望者相次ぎ、キット不足に
  18. 海外ではどうなの? デング熱について考えてみよう
  19. まだ日本で起業しているの?~フィリピンで起業した日本人のおはなし~
  20. フィリピン不動産の契約書ってじっくり見たことありますか?
  21. フィリピン国際競争力向上 14年版52位、4年で33ランク上昇
  22. 急成長するフィリピン――マニラ首都圏の交通インフラ整備が鍵
  23. フィリピン(マニラ)不動産1Day視察ツアー【9月23日(火・祝)&27日(土)】
  24. グーグルの直面する「Androidのオープンソース問題」とは
  25. グーグルがインドで低価格スマホ展開、サムスンに逆風強まる
  26. マニラに、プライベート重視の高級ヘアサロン-最大4人利用のVIPルームも
  27. ネットカメラのぞかれる危険…弱点、乗っ取りも
  28. 山中に捨てられる「無縁墓」 墓守がいなくなった「墓」は誰が管理すべきなのか?
  29. 良品計画、インド進出へ=来年に合弁設立
  30. 断言します! 日本がモノ作り産業で競争力を取り戻せる日は二度と来ない!
  31. 長ーーーいランディングページを、アニメで手軽に、コンパクトに、自由に、効果的に!
  32. <急増カードトラブル>割賦販売法改正など規制強化を検討
  33. シニア層の1/3が「月20万円以上」の収入! クラウドソーシングで個人の”稼ぎ方”はどう変わるか
  34. リンクシェア・ジャパン、アフィリエイトで越境ECを支援~米国ECサイト広告の掲載サービス開始
  35. ネットで手軽に稼げる「アフィリエイト」で申告漏れ――なぜ税務署にバレてしまうのか
  36. レビューサイトの点数はどこまで信用できるか 異議ありの声
  37. 業者ランク付け、サイト根拠なし 京都地裁、情報開示を命令

これまで紹介した主な新ビジネスのおさらい

  1. 日本の同業社を一夜で窮地に追い込む破壊的なビジネスモデル
  2. アイディアだけならだれでも思いつくが、それをいかに速く安く作るか、というノウハウも合わせないと意味が無いそれぞれのビジネスの概要を紹介するか、1つを徹底的に紹介するか?
  3. 1年間で最もリクエストの多かった「アフィリエイト」、「●●アフィリエイト」を、最新情報を交えて紹介します。
  4. フィリピンでアフィリエイト
  5. アフィリエイトとは?
  6. アフィリエイトの仕組み
  7. アフィリエイトの歴史
  8. アフィリエイトの現状
  9. 報酬の種類
  10. アフィリエイターの型
  11. アフィリエイターの悩み
  12. アフィリエイター成功例
  13. ASPを運営しよう!
  14. 広告主の悩みを解決する!
  15. システムを安く早く制作する方法とは?
  16. 集客はどうすればいいのか?
  17. アフィリエイトの歴史
  18. 2005年頃、ASPの大量発生
  19. アフィリエイトの現状
  20. アフィリエイトの特徴
  21. アフィリエイトに必要な物は3つ
  22. アフィリエイトの仕組み
  23. ●●アフィリエイトの情報を配信している人はほとんどいない
  24. ●●アフィリエイトはライバルがほとんどない穴場
  25. ●●アフィリエイトはなぜか誰も情報配信していない「ダークホース」
  26. 既に株式上場している●●アフィリエイトサイトもある
  27. ●●系アフィリエイトとは要するに…
  28. 「●●アフィリエイト」とは?
  29. レスポンシブデザインとは?
  30. レスポンシブデザインを誰でも安く簡単に作る方法とは?
  31. テーマの決め方 → 好きなことじゃないと3ヶ月以上も書き続けられない
  32. アフィリエイトサイトの作り方
  33. アフィリエイトは最新SEO対策が重要
  34. 短期的にはアメブロ。最終的にはワードプレス
  35. バックアップ、メンテナンス、将来の資産を考えてサイト構築する
  36. アメブロの「バックアップ」は事実上バックアップできない
  37. ASPを運営しよう!
  38. アフィリエイトは、リンクを貼るより貼らせる方がはるかに儲かる!
  39. 毎日コツコツコンテンツを書き続けるアフィリエイトより、ASP運営のほうがはるかに簡単?
  40. アフィリエイトシステム一式の相場は●●~●●万円
  41. ASPを運営する本当の目的とは?
  42. ASPを運営する真の目的はASPからの利益ではない?
  43. 最近のアフィリエイト書籍の傾向
  44. ノウハウ的な部分は5ページ程度。あとの195ページは「書き続けるために頑張れ!」などの何の意味もない情報。
  45. 結局アフィリエイトは「テーマを決めてサイトを作ってSEO対策」し、それを継続すれば良いということがわかる。

編集後記

  1. 本当にあった不動産詐欺

次回予告

  1. 「モバイルアプリ」でウハウハになる最新ノウハウ
  2. アジア ネットビジネスに欠かせない「クラウドソーシング」の最新情報
  3. ●●アフィリエイト、●●アフィリエイト、●●アフィリエイトを徹底解説!
  4. あまり知られていないが、意外と楽に儲かっているネットビジネスを紹介

ご案内

  • ブログ等では書けないノウハウも、カラー資料(文字びっしり)と音声で分かりやすく解説します。
  • 内容は変更になる場合があリます。
  • 2014年10月度の月刊音声セミナーは09月末日までに会員となられていた方のみが対象です。資料は10月営業初日の午前中に配布予定です。
  • 音声セミナーでは、Amazonの管理画面に関すること、Amazonのサポートに聞けば解決すること、ネットで調べれば解決すること等はできるだけ排除しています(一部の重要事項を除く)。
  • 本資料、ブログ、書籍、セミナー等で、見返りをもらっていたり、知人だからという理由で紹介している情報、サービス等は一切ありません。全て「あなたにとって有益かどうか」で判断しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする