no

■実際、システムさえ作ってしまえば、可能です。
そして、かなり儲かるはずです。

例えば月5,000円程度で利用できる、Amazonのお宝を教えてくれるサービスは、機能的にどうしても深い部分のデーターが抽出できない場合があります。
そして、お宝が出品されてからその存在を知るまでに、少しの時間差があったりします。

プロの電脳仕入れ大集団が開発したシステムは、そんなもんじゃないわけですw。
お宝が出品されたら、0.1秒で複数の担当者に自動的にメールが送信されるシステムを開発して、しかも24時間、専属のスタッフがそれを待ち構えて、そして片っぱしから仕入れてしまう…

■仮に今そんな集団が存在しなかったとしても、近い将来どこかで生まれるでしょう。
なぜなら、一度その仕組さえ作ってしまえば、難しいことは何もなく、いくらでも儲かるからです。
現在、国内でこれだけ盛り上がっているせどり、輸出入ビジネスのもっとも美味しいところを独り占めできてしまう究極のビジネスモデルです。

こういう人に限って悪知恵が働くので、この仕組みを「ビジネスモデル特許」として特許を取られてしまったら、全国のせどらーは絶滅してしまうかもしれませんw

■このプロの電脳仕入れ大集団は、日本国内だけではなく、世界を股にかけてビジネスをすることができます。

1台で自宅に居ながらフィリピンで仕入れてフランスで売る、ドイツで仕入れてスイスに売る、ということができます。

逆に言うと、日本国内じゃなくても、例えば人件費が非常に安い外国で、日本をターゲットにした1万人体制の電脳仕入れ大集団が、今すでに作られようとしているかもしれませんよw

■あなたは、どうやって彼らに対抗すればいいでしょうか?

他の人から提供されるお宝お知らせサービスでもいいですが、プロの電脳仕入れ大集団にも対抗できる本当のノウハウを今から身に付けておく必要があるように思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。