no

ダブルで得する?「ネットカフェ仕入れ」


■私の知り合いに、東京山手線駅前で、
ネットカフェを一人で経営している女性がいます。

個人的に何度かお会いする機会があって、
無料でホームページなどを作らせてもらったりしました。

ちなみに、
そのネットカフェのホームページのSEO対策もやらせてもらって、
ここ5年間は狙ったキーワードで
常にYahoo!のトップ5位以内に表示されていますw

■さて、
そのネットカフェには大量の雑誌、新聞などが置いてあるのですが、
毎月1回処分(廃棄)しているそうです。

発売から1ヶ月程度の雑誌や新聞を、業者にお願いして、
経営者自らがお金を払って廃棄してもらっているということです。

「何冊かもらってもいいですか?」と聞いたら、
「いいよ♪」なんて気楽に言ってくれました。

そこで、
せどりをやっている人ならピンと来ると思います。

「こんな美味しい仕入れ先があるのか?」

実際、せどりである程度うまく行っている人で、
閉店したビデオショップなどからの
大量仕入れを得意としている人もいます。

■ネットカフェというと、
名の通ったフランチャイズで展開している
お店ばかりという印象を受けます。

資料を確認したわけではないので
はっきりしたデーターがあるわけではないのですが、
個人が経営しているネットカフェもこのように存在します。

■フランチャイズで
大規模に展開しているネットカフェからは難しいと思いますが、
個人経営であれば、交渉次第で雑誌をタダ同然で、
あるいはお金をもらって仕入れられるかもしれませんね。

ただ、仕入れた雑誌もうまく売らないと、
部屋に古雑誌ばかりがたまってしまうことになりかねません><

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。