no

せどりの最新情報を入手するコツとは ?-1/3


■せどりというビジネスは、
安く売っているところから仕入れて、
Amazonで売るというビジネスです。

それは、
三菱商事やユニクロと変わらないことは、
以前ご説明しました。

安いところで買って、高いところで売るというのは、
ビジネスの基本ですから、
仕組みとしてはとてもシンプルです。

せどりは、
ビジネスの中では、とてもシンプルな部類に入るので、
ネットビジネス初心者でも始めやすいと思います。

■これが、
たとえば情報販売(他の人が知りたい情報を作って販売する)で
起業するとなると、ハードルがぐっと高くなります。

まず、他の人が知りたい情報について、
あなたがその分野の権威になるか、
なれなければ権威と呼ばれる人と
ビジネスパートナーにならなければなりません。

そして、
少なくとも100ページの資料を作らなければなりません。

現在は情報起業のライバルが増えているので、
200ページ、300ページ位の
ボリュームが必要になるケースもあります。
さらにそれを販売するデザイン性の高いホームページ、
そして販売するためのアフィリエイト、
キーワード広告、SEO対策などをする必要があります。

情報が無事に売れても、質問に答えたり、
返金保証に対応しなければならなくなることもあります。

■そして、そんなハードルの高い情報起業はすでに飽和状態で、
ビジネスとしては参入時期をとっくに過ぎて、
衰退産業とさえ言われています。

*個人的に、情報起業は衰退産業とは思っていません。
提供する情報によっては、
パソコンやインターネットがある限り、
永遠につづくビジネスモデルと思っています。

<次の記事へ続く…>

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。