Amazon出店者が手に入れるべき最も重要なもの

せどらーが手に入れるべき最も重要なもの


せどらーが手に入れるべき最も重要なもの■ せどらーが手に入れるべき最も重要なもの

■「せどらーが効率的にビジネスをするのに
一番重要なことは何か?」
という質問をされたら、なんと答えるでしょうか?

・最新ノウハウ
・儲かる転売リスト
・商品の出品を簡単にしてくれるソフト

確かにそれも重要ですね。

それでも、あえて私はこう答えます。
「ブラインドタッチこそすべて!」

ジョーダンかと思われるかもしれませんが、
あなたが時間を効率的に使うために
最も重要なこと、それは「ブラインドタッチ」ですw。

なんといっても無料です♪
ネットビジネスで起業したいと真剣に考えているなら、
あっちのツール、こっちの儲かるリストに目移りする前に、
ブラインドタッチをマスターすべきです。

■私にもせどりをしている友人が多いのですが、
ブラインドタッチは苦手のようです。

このブログを読まれている方の中にも、
ブラインドタッチに悩んでいる人が多いのでは?
と思い、私と私の友人がブラインドタッチを短期間でマスターした
具体的な方法をご紹介します。

ちなみに私はパソコン歴20年以上ですが、
ブラインドタッチをマスターする最も効率的な方法は、
20年前も今も変わっていません。

*当時は、確か富士通が開発した「親指シフト」が
効率的にキー入力ができるということで、
一部のパソコン利用者からとても人気がありました。
今でもある意味ではそうですが、
普及しているキーボードがそれに対応していない、
対応させるためには特殊なソフトが必要などで、
現実的ではなくなっています。

■ブラインドタッチをマスターするには、
(ステップ1)入力方法を決定すること
(ステップ2)指を必ずホームポジションに置くこと
(ステップ3)キーボードを見ないこと
の3ステップあります。

■(ステップ1)入力方法を決定する
日本語入力には
ローマ字入力、JIS入力、新JIS入力、親指シフトなどがあります。

私はパソコンを使い始めた頃、
新JIS入力にチャレンジしましたが、
3ヶ月たってもブラインドタッチはマスターできませんでした。

そこで、ローマ字入力に変更したところ、
2週間でマスターできました。

ブラインドタッチがマスターできないのは、
入力方法が自分に合っていない場合もあります。

ちなみにローマ字入力は、マスターしやすい他に、
日本語も英文も同じように入力できるというメリットがあります。

■(ステップ2)指を必ずホームポジションに置くこと
キーボードのホームポジション
キーボードには「F」と「J」に必ず小さな突起があります。

この突起を頼りにFに左手の人差し指、Jに右手の人差指を置くと、
自動的にホームポジションになります。

この突起が分かりにくい場合は、
アロンアルファーなどを使って自分で突起を作ります。

■(ステップ3)キーボードを見ないこと
よく「キーボードを見てはいけない」というアドバイスを見かけます。
実際そのとおりですが、ブラインドタッチができない人に、
「キーボードを見てはいけない」というアドバイスは矛盾があります。

私が実践した方法は、
(1)キーボード配列をプリントアウトして
(2)ディスプレイの下(上でも)に貼り
(3)どのキーを押せばいいのか迷ったら、キーボードではなくプリントアウトしたキーボード配列の紙を見る
です。

これを繰り返すとブラインドタッチが比較的楽にマスターできます。
友人もこの方法で短期間でマスターしました。

・参考1
・参考2

お使いのキーボード配列にあったものを選んで印刷します。

■マスターできない場合
この3ステップでもマスターできない人がまれにいます。

ステップ3で、2週間くらいの忍耐が必要なのですが、
それがガマンできずに投げ出してしまうケースがほとんどです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。