no

これまで流行したせどりビジネスを振り返る



せどりでビジネスにするにあたって、
いろいろなものが、だんだん見えてきたと思います。

されにそれをはっきりさせるため、
これまで「せどり」として流行したものを振り返ってみましょう。

■流行したせどりビジネス
・古本
・CD
・DVD
・ゲーム

■表にでないが流行したせどりビジネス
・日本アニメ
・フィギュア、超合金
・G-Shock
・着物

・中古楽器
・古銭、古地図、巻物
・浮世絵

■せどりの対象は無数にある
流行を追うか、自分で見つけるか

■流行したせどりビジネス
過去に流行したせどりビジネスとして、
古本、CD、DVD、ゲーム等が挙げられます。
そして、これらは、現在も仕入れの対象としてとても有望です。

なぜこれらが流行したかというと、
(1)仕入れる場所が豊富
(2)保管場所を取らない、かさばらない
(3)手の出しやすい価格
(4)仕入れの判断が簡単
等が挙げられます。

これらの条件が揃えば、
初心者でもすぐに始められます。

「仕入れの判断が簡単」は、

(1)バーコードで検索しやすい、(2)携帯ツールの普及
がさらに拍車をかけました。

店舗へ行って、その商品のタイトルを見て、
それが儲かるかどうかを判断できるようになるには、
かなりの熟練が必要です。

しかし、バーコードが表面に印刷されていれば、
それを元に、データベースと照合して、
儲かるかどうかを瞬時に判断することができます。

データーベースと照合するために、
携帯での仕入れ判断ツールが用いられます。

これらの条件が揃ったため、
古本、CD、DVD、ゲーム等は
せどりとしてブームになり、
そして今も仕入れの対象として有望視されているわけです。

■表にでないが流行したせどりビジネス
・日本アニメ
・フィギュア、超合金
・G-Shock
・着物
・中古カメラ
・中古楽器
・古銭、古地図、巻物
・浮世絵
逆に、ほとんど表には出ないけれど、
流行している商品もあります。

その代表の一部をあげてみました。
これらがどうして表に出にくいのかは、
前述の、
「流行したせどりの要因」を考えれば簡単に分かります。

つまり、これらの商品は
流行した4つの要因にあてはまっていないか、
「儲かるかどうかを判断するための熟練が必要」
かのどちらかです。

ちなみに、パソコンで仕入れる場合は、
バーコードは不要です。

電脳仕入れ(ネットで仕入れてネットで販売する)の場合、
暗記に頼る熟練技や、バーコードに頼ることなく、
儲かる商品を見つけることが可能になります。

■せどりの対象は無数にある
流行を追うか、自分で見つけるかは、
あなたのスタイルにもよります。

儲かる商品を見つけたことがある人ならわかると思いますが、
儲かる商品を見つけたときの「快感」は、忘れられません(笑)

せどりをしている人が、なぜ続けるのか、
なぜ好きなのか、と問われれば、
「仕入れの快感」の部分がとても大きいのではと思っています。

これは、やった事が無い人には理解できません。

ですので、あなたにはあなたにあったスタイルがありますし、
初心者の人はそれがすぐに見つかると思います。

流行を追うのも、穴場を探すのも、
店頭仕入れ派になるのも、電脳仕入れ派になるのも、
「儲け」を重視するのも、「仕入れの楽しさ」を重視するのも、
国内で仕入れをするのも、海外を活用するのも、
あなたが自由に選択できます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。