no

SEO対策に重要な2つのノウハウとは?

せどりに無関係なSEO対策の最新情報です。
SEOの部分を「せどり」に置き換えてみると、新しい発見があるかも知れませんw

SEO対策には大きく分けて2つのノウハウがあります。
(1)絶対に外せない重要ノウハウ
(2)無視してもいい細かいノウハウ

(2)を追いかけると際限がなくなります。
重要なノウハウである(1)は常に気をつけていなければなりませんね。

そしてその重要なノウハウは日本でSEOが誕生したとされる1990年後半から2010年くらいまでの約10年間、あまり変化はありませんでした。

しかしこの1、2年で大きく変容しようとしています。

SEO対策は「コンテンツSEO」の時代に

それは「パワーSEO」から「コンテンツSEO」への大転換です。

パワーSEOとは、力づくで上位表示しようという、いわば強引なSEO対策です。
「モルヒネSEO対策」と揶揄する人もいますね。

大量の被リンク、同じ記事を多数のブログに同時掲載する重複コンテンツ、キーワードを巧妙に隠す手法などです。

一方のコンテンツSEO対策とは、訪問者に有益な情報や記事配信によるSEO対策です。
とにかく有益な情報を配信し続けることによって、サイト全体の評価が高くなり、SEO対策上有利になるというものです。

「コンテンツSEO」が日本で普及しなかった理由とは?

なぜここ1、2年で「パワーSEO」から「コンテンツSEO」へ変化したかといえば、それはGoogleが進化したからです。

SEO、つまりサイトの評価を高くするか低くするかは、もともと「コンテンツSEO」が理想でした。

しかしGoogleの技術ではそこまで出来なかったため、10年以上も「パワーSEO」がはびこっていたわけです。

ちなみにアメリカでは随分前から「コンテンツSEO」が主流になっています。
日本での普及が遅れたのは、日本語の壁があったからと言われています。

「コンテンツSEO」で見直されるブログの存在

やっと日本でも「コンテンツSEO」が普及し始めたことで、注目を集めているのが「」です。

有益な情報を大量に配信するには、従来のHTML形式でホームページ作成するよりも、ブログのほうが圧倒的に便利です。

アメブロ、ライブドアブログ、Seesaaなど、無料で利用できるブログサービスもたくさんあります。

■しかし、SEOでアクセスを集めて本格的にビジネスしたいなら、無料ブログではなく、すべてを自分で管理できるMovable Type(ムーバブルタイプ,MT)やWordPress(ワードプレス,WP)などで構築したほうが有利です。

自分で管理するブログはめんどう、と思うかも知れませんが、実際には反対で「無料ブログのほうが遥かにめんどう」です。

無料ブログがSEO対策に向かない理由とは?

無料ブログはそもそも商用利用ができない、あるいは現在商用利用できていたとしても将来できなくなる可能性が高いです。

また広告を外すのに費用がかかります。

記事をバックアップすることさえ容易にできません。
これは無料ブログが簡単に引越しできないようにしているためです。

デザイン変更はさらに難しいです。
一度変更したデザインも、無料ブログの仕様変更でまたゼロから作り直さなければならないこともあります。

無料ブログによっては、週1回メンテナンスのため、サイトが全く表示されないこともあります。

■そして苦労を重ねて作り上げた無料ブログも、最終的にあなたの財産にはなりません。

無料ブログのこのような制限に四苦八苦するなら、最初からMovable TypeやWordPressにしたほうが遥かに簡単です。

肝心のSEO対策についても、無料ブログよりMovable TypeやWordPressの方が上位表示に有利な環境が整っています。

「コンテンツSEO」で注目を集める代筆屋さん

また、「コンテンツSEO」で注目を集めているのが、代筆屋さんです。

「コンテンツSEO」では、ブログに多数の記事を書くことが基本になります。

記事の数は1,000件以上が目安とされています。
1日に3件の記事を毎日書き続けても、約1年かかります。

1つの記事のSEO対策上の理想的な文字数は600~900文字とされています。

この途方もない数字をクリアーできる人はほとんどいません。
ですので、代筆屋さんの需要が高まっているわけです。

SEOの新潮流「SMO」とは?

さて、Yahoo!やGoogleに代表されるSEO対策ですが、その根本を揺るがしかねない新潮流があります。

それはFacebookに代表されるSNSの存在です。
SMO(SNSに特化したSEO対策、マーケティング手法)もここ数年盛んになって来ました。

コンテンツSEO vs SMO対策の行方はまだよくわかりませんが、両者は共存していくのでは?と思っています。

ネットビジネスは全てSEO対策に行き着く

アフィリエイトも、ドロップシップングも、ネットショップも、結局はSEO対策のノウハウが売上を大きく左右します。

アフィリエイトで効率的に収入を得るために必要な知識=SEO対策だった、ということはアフィリエイトをやったことのある人なら痛感しているはずです。

アフィリエイトサイト(ASP)と商品の選び方さえ分かれば、あとはブログを作ってSEO対策するだけです。
これ以外のアフィリエイトのノウハウというものはありませんw

ドロップシッピングでも海外向けネットショップでも、全く同じことが言えます。

良いアフィリエイト塾を見分けるたった一言とは?

あとは、無料ブログか自分専用のブログか、「パワーSEO」か「コンテンツSEO」かという選択だけです。

もしアフィリエイト塾で無料ブログを勧められたら、「なぜMovable TypeやWordPressを使わないのか?」と質問してみて下さい。

「無料ブログのほうが簡単だから」「安いから」「SEO対策上有利だから」という返事が返ってきたら、そのアフィリエイト塾はあまり信用できないと思ったほうがいいです。

アフィリエイトサイト(ASP)と商品の選び方だけ教えてもらい、販売サイト(ブログ)の作り方やSEO対策は、別の専門家に教えてもらったほうがいいですねw。

もちろん、「パワーSEO」を勧めるアフィリエイト塾は論外です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。