no

月商100万になったせどらーが選ぶべき2つの道


せどりは商品を仕入れて販売する物販ビジネスですから、その月商は仕入れに使える金額に大きく左右されます。

少し実践してみればわかると思いますが、5?10万円くらいであれば、比較的簡単です。

■せどりには3種類のビジネススタイルがあります。

(1)自ら商品を仕入れ、販売する
(2)スタッフを雇い、自分は指示する
(3)せどりのツールやプラットフォームを開発・提供する

そして、さらにそれが進むと…

(1)自ら商品を仕入れ、販売する → (1′)顧客リストを使って直接リクエストをもらう
(2)スタッフを雇い、自分は指示する → (2′)大量の在庫とスタッフを抱える
(3)せどりのツールやプラットフォームを開発・提供する

というふうに変化していきます。

■せどらーが最終的に目指すべき場所は、(1′)か(3)のどちらかにしたほうがいいです。

この中で選んではいけないのは(2′)のスタイルですね。

仕入れから販売まで全てをひとりで作業するとなると、月商100万円くらいが限界になります。

そして月商100万円くらいになったせどらーは、(1) → (2) → (2′)と流れて行くケースが多いです。

この流れは、「何も考えずスタッフと在庫を増やすだけ」だから簡単です。
簡単だからこそ、何も考えていないせどらーは必ずこの流れに突き進みます。

(2′)は固定費がかかリすぎ、かつ大量の在庫を抱え込む、せどりとして最も危険なスタイルです。

■「月商200万円」「月商300万円」と言っているせどらーは全て(2′)です。

他の人なら「凄いですね!」と言うと思いますが、私なら「危険過ぎるので今すぐ(1′)か(3)にビジネススタイルを変更したほうがいい」とアドバイスします。

■(1)のスタイルで月商100万円を超えたら、次に目指すのは(1′)か(3)のどちらかです。
繰り返しですが、(2) → (2′)の流れは良くありません。

せどりツールを提供する場合は(3)になりますね。
海外向けヤフオク落札代行サイト運営やフラッタースケープ運営も、(3)に該当します。

■(1′)か(3)のどちらにすればいいかですが、これはあなたの好みになります。
商品を仕入れて売ることが好きな場合は(1′)になりますし、サイト運営やシステム開発に興味がある場合は(3)を選択することになります。

とにかく、せどりにはこの3つ、または5つのスタイルがあることを知っておく必要があります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。