no

DVDせどりの2014年問題とは?


DVDの売上推移2

■DVDせどりをしている人は、「現在のDVDマニアは、好きな映画やアニメなどのコンテンツを収集している人であって、DVDそのものを収集しているわけではない」、「DVDは、コンテンツが記録されているただの円盤」という基本的な事実に気づいていないようです。

好きな映画やアニメをより高画質な映像で、より安く気楽に見ることができれば、DVDでなくてもいいわけです。

現在のDVDマニア、つまり「好きな映画やアニメなどのコンテンツを収集している人」ほど、今後はDVDを買わなくなります。

■これは、DVDだけでなく、CDやゲームにも当てはまります。

CDマニアは、音楽が好きな人であって、CDを収集することが好きなわけではありません。

好きなアーティストの曲を、より高音質で安く気楽に聴くことができればオッケーなわけです。

ゲーム好きも、ゲームで遊びたいだけであって、プラスティックケースを収集したいわけではありません。

「ゲームせどりが穴場」という情報をたまに見かけますが、日本未発売の海外ゲームでさえネットからいつでもダウンロードできる時代に、ゲームせどりはリスクが高すぎます(ただし海外輸出は可能性大です)。

■このグラフを見てみると、確かにDVDの売り上げが急降下していることがよく分かります。
DVDせどりは、今から11年前の2001年に参入し、その3年後の2004年には撤退していなければならなかったビジネスでした。

代わりのメディアとして期待されたブルーレイは、各社が規格の統一化でもたついている間に、ハードディスク、クラウドコンピューター、ハイビジョンテレビが普及してしまいました。

もともとブルーレイは普及しないメディアだったわけで、私も音声セミナーで「ブルーレイには手を出してはいけない」と説明してきました。

■ところで、急下降するDVDのグラフに延長線を引くと、どこにぶつかるでしょうか?
延長線は、2014年あたりでゼロ線にぶつかります。DVDは2014年に無事着地ということになりますね。

「DVDせどりの2014年問題」と名付けておきますw

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。