no

せどらーが読むべき新聞とは?


■せどりのノウハウは一夜にして激変します。
昨日まで稼げていたノウハウも、次の日の朝になったら全くダメ、むしろ時代遅れになっていて、あなたに多大な損害を与えることもあるわけです。

…正直に言うと、そんなことはまずありませんw

一夜にして使えなくなるノウハウなんていうものは本当はないのですが、3ヶ月前、6ヶ月前のノウハウは使えなくなっていることがありますね。

自分で書いた資料やこのブログの記事なども、数ヶ月経つと「ちょっと古い情報だなぁ」と思うことがよくあります。

「AmazonのAPIが10月26日に変更になる」という事なら、26日と27日で一夜に激変したと言えるじゃないか、という反論もあるでしょうが、Amazon APIの変更は数カ月前からわかっていたことなので、「一夜にして激変した」と言うのは無理があります。

それでも、ネットビジネスは常に激しく動いていることに変わりはありませんから、少しサボっていたら時代から取り残されるということを覚悟しておく必要があります。

■どちらにしても、毎日少しずつでも最新の情報を入手しておく必要があります。
その情報がきっかけで、それまでうまく行かなかったAmazonビジネスが急に儲かり出す、ということはありますね。

つまり、ノウハウが一夜にして激変することは(まず)ないのですが、あるちょっとしたノウハウが、あなたを一夜にして成功者に押し上げる、ということは十分あり得ます。

■そこで、どこでせどりの最新情報を得るのか?ということですが、私の場合は主に「他の人のメルマガ」と「Googleアラート」の2つです。

他の人のメルマガは、Amazonに関係あってもなくても気になったものは片っぱしから登録して、自分に合うものだけを残すようにしています。

Googleアラートというのは、キーワードを設定しておくと、日本中のニュースやサイト、ブログなどからそのキーワードに引っかかったインターネット上の情報をGoogleがかき集めてメールで送ってくれるサービスです。

「Amazon」、「」、「」、「ブックオフ」、「転売」、「」、「せどり」など、せどりに関係ありそうなキーワードを片っぱしから登録しています。

また、より広く情報を収集するため、「Google」、「SEO」、「」、「ネットマーケティング」、「ワードプレス」、「アドワーズ」、「ヤフーリスティング広告」、「アフィリエイト」、「」などのキーワードも設定しています。

■自分の趣味や思考などに関連したキーワードを設定しておくのも楽しいです。
私は「ビートルズ」というキーワードをGoogleアラートで設定しているのですが、先日ビートルズのメンバー、ジョン・レノンの45年前の奥歯が競売に出品されるというニュースがありましたw

英語に興味がある人は、「TOEIC」、「英検」、「英文法」、「英単語」などのキーワードを、不動産に興味があるなら、「不動産」、「モーゲージバンク」、「大家さん」などを設定するのもいいと思います。

自分が思いもつかないところから毎日情報が飛び込んできます。

ちなみに、このGoogleアラートは、アメリカのGoogleから設定すると、英語圏の情報を収集することも出来ます。
もちろん、届く情報は全て英文ですw
この場合、キーワードは半角英数字で設定します。

■Googleアラートをいったん設定してメールで受信しておくと、携帯の電波が届かない時にもこの情報を読むことができます。

つまり、地下鉄などで携帯の電波が届かない時でも、メールとして受信したGoogleアラートは普通に読むことができるわけです。

他の人が携帯を使えなくなって手持ちぶさたの時、ひとり携帯の画面を見ながら最新情報を読んでいると、隣の人が「どうして?」という顔で画面を覗き込んでくることがよくありますw

■そして「新聞」ですが、正直言って、せどりの参考になる新聞はありません。
もちろん、朝日、読売、日経などの新聞を毎日片っぱしから読んでいれば、1日に1件くらいは参考になる記事を見つけることができるかも知れません。

でもそれは「読むべき新聞」ではないですね。

■そんな中、せどりに(時々)参考になる新聞が1つあります。
それは、「日本ネット経済新聞」です。

この新聞は、ネット販売、ネットショップ向けの業界新聞です。
せどらーとして直接関係する記事は少ないのですが、それでも、どんな商品が流行っているとか、ネットショップの経営者がどのよう戦略で成功・失敗したのか、携帯ショップの最新情報は? またこの新聞に掲載されている広告なども参考になることがあります。

「間接的に参考になる記事が多い」という意味では、せどらーが読むべき唯一の新聞と言えます。

ちなみに、この新聞は1回だけ無料で読むことができます。
興味のあるせどらーは、こちらから請求してみてください。

■もちろん、最新のせどりノウハウ収集方法は、「自分で実践すること」です。
情報は、探せばたくさん転がっていますが、一番のノウハウ収集方法はやはり自分で実践すること、これ以外にありませんね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。