no

つい先日、「Googleのルール変更に大混乱の中小企業」という記事がありました。

このブログでも紹介したGoogleのパンダアップデートは、世界中のホームページに影響を与えているため、もうしばらく話題に上りそうです。

■仕入れたものをネットショップで販売している人は、まだまだ少数派です。
チャレンジしたけど挫折した、というせどらーは何人かいます。

中国から輸入したものをネットショップで販売している人は1人いますが、その人は中国輸入でトップを疾走中のプロフェッショナルです。

逆に言うと、仕入れたものはネットショップとキーワード広告、SEO対策で売るとライバルがいないので「入れ食い」状態なのですが、ハードルが高いみたいですね。

ドメイン取得、DNSの設定、FTP、画像編集、キーワード広告配信、SEO対策など、クリアーしなければならないハードルがたくさんあり、またそれぞれに細かい成功ノウハウが隠れています。

■たとえば、一番最初の「ドメイン取得」という部分でも、何も考えず普通に取得してしまったら個人情報が漏えいします。

次のDNSでも、設定を1文字でも間違えると、ネットショップが消えてしまいますw。

画像編集はデザインの芸術的センスが要求され、キーワード広告は、あるノウハウを知らないとお金がどんどん流れ出て行ってしまいます。

■そしてSEO対策ですが、今回の記事にあるようなパンダアップデートに引っかかってしまったサイトは、今までのSEO対策にかけたお金と時間が無駄になってしまったかも知れません。

そもそも、日本のSEO業者が行っているSEO対策のほとんどは、今回のGoogleのパンタアップデートに引っかかります。
Googleが「そんなSEO対策は止めて欲しい」とお願いし続けてきたものを、日本のSEO業者は無視して強引に上位表示(=SEO対策)させてきました。

そのブラックなSEO手法を「短期間で簡単に上位表示される」と言って何も知らない中小企業に提供してきた罪が今問われているわけです。

■ネットショップを開いて大儲けするには、こういった様々なハードルをクリアーしていかなければならないわけです。

*「初心者がネットショップで成功する方法」等は毎月の音声セミナー、会員メール相談にて詳しくご説明しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。