no

せどり初心者が陥る失敗パターン


「せどりで売れません。しっかり仕入れているつもりなんですが、どうすればいいでしょうか?」

コンサル会員さんから相談をいただきました。
この方は、入会する前から、ブックオフ等の店頭で仕入れてAmazonで販売するという手法でした。

Amazonの在庫を教えてもらったところ、「売れた時の利益は大きいが、アマゾンランキングが低い(殆ど売れない)物がほとんど」という状況でした。

■せどりで売れない、という状態は、特に初心者であれば必ず通る道です。

私自身も、最初の頃は思ったとおりに売れませんでした。

私が陥った「」状況の原因は、
・利益を求めすぎて、アマゾンランキングの低い(つまり、ほとんど売れないもの)を大量に仕入れたこと
・アマゾンの価格を、他店舗と比較して高めに設定したこと
という2点でした。

アマゾンランキングの低いものは、概ね売れた場合の利益が大きいです。
初心者の場合、この「利益の大きさ」に惑わされて、アマゾンランキングの低い、つまり殆ど売れないものを大量に仕入れてしまう傾向にあります。

■最初の頃は、仕入れに使えるお金も余りありませんので、最初に不良在庫を大量に抱え込むことは、大きなリスクになります。

実際、この「始めたばかりの頃に抱え込んだ不良在庫」が原因でやめていくせどらーは多いです。

このような不良在庫は、お金に余裕がある場合は持っていても構わないのですが、そうでない場合は、赤字覚悟で値段を下げて売ってしまう以外、ありません。

「売れた時の利益は大きいが、アマゾンランキングが低い(殆ど売れない)物を大量に仕入れてしまう」というのは、せどり初心者が陥る、最も多い失敗パターンです。

この失敗パターンは、取り戻すことがとても難しいため、十分気をつけなければなりませんね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。