no
秋葉原中古パソコンショップ1
秋葉原中古パソコンショップ2

秋葉原の中古パソコン パーツ店街。
「外国人がいなくなり、商品が全く売れない」と嘆いている店員さんがいました。
「売れないので、安くするよ」ともw。

ということは、せどらーとしては、「値引きしてもらえる」チャンスということですね。

ちなみに、ジャンク パソコンと呼ばれる、動くかどうか解らない中古パソコンを
秋葉原で仕入れて、修理してヤフオクで販売する方法もあります。

しかし、これはちょっとハードルが高いです。

(1)ノートパソコンでも、3台持ち運ぶのは重労働
(2)よほどパソコンに詳しくないとできない
(3)そして、パソコンを心から愛していないと続かない

ただ、ライバルせどらーが少ないのは有利な点です。

秋葉原中古パソコンショップ-3
秋葉原中古パソコンショップ-4

中古(ジャンク)パソコンのアマゾン販売(転売)はちょっとハードルが高いのが現状です。
ただ、ライバルも少ないので、パソコン好きの人にはおすすめです。

さて、修理したジャンク パソコンは通常ヤフオクで出品するのですが、
これをeBayに出品してみてはいかがでしょう?

簡単に言うと、「中古パソコンの輸出」です。
リチウムバッテリーは現在輸出が難しいのですが、
逆に言うと、リチウムバッテリーを取り外せば、
中古パソコンを輸出することができます。

もちろん、eBayでなくても、ネットショップで販売する方法もあります。
広告はグーグルのアドワーズを使えば、世界に配信できます。

実際、秋葉原の中古パソコンパーツ店街には、外国の方がとても多いです。
特に、東南アジア系の方の姿が目立ちます。

彼らは、中古のパソコンをバンバン買っていきます。
つい先日も、ノートパソコンを5つも胸に抱えて、
ホクホクのアジア系男性を見かけました。

「外国人が買っているものを仕入れて、eBayやネットショップで売る」
これからの輸出ビジネスも、見方を変えるといくらでも可能性が見えてきますね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。