アマゾン輸出 ペイオニアとWorld First 登録する前に知っておくべきたった1つのこととは? なぜ2つ同時に利用してはいけないのか?

アマゾン輸出 ペイオニアとWorld First 登録する前に知っておくべきたった1つのこととは? なぜ2つ同時に利用してはいけないのか? ペイオニアとWorld First 登録する前に知っておくべきたった1つのこととは? なぜ2つ同時に利用してはいけないのか?

15分間シリーズ シークレット特典付き

【アマゾン輸出 ペイオニアとWorld First 登録する前に知っておくべきたった1つのこととは? なぜ2つ同時に利用してはいけないのか?】
《Amazon輸出15分間シリーズ シークレット特典付き》

・本来は、私が主催する「A塾Amazon輸出専門ネット塾」(http://az-globe.com/)で、音声やメール相談等で教えているノウハウですが、本書では本でも伝えられる部分を最大限取り出して紹介します。私が長年の試行錯誤を積み重ねてきた末につかんだ最新ノウハウを参考にすれば、あなたのAmazon輸出ビジネスがスムーズになります。
・本書は「Amazon輸出 15分間シリーズ」として余計な情報はできるだけ省き、1つのテーマに絞って本当に重要なことだけをわかりやすくまとめています。

【目次】━━━━━━━
■Amazon輸出実践者が泣いて喜ぶ「シークレット特典」の受け取り方
■Amazon輸出「15分間シリーズ」のご案内
■はじめに
■なぜいま「Amazon輸出」が注目されているのか?
■Amazon輸出最強の武器とは?
■ネット上の推奨記事は信じてはいけない
■会社としての信頼性
■個人口座か、法人口座か
■対象国の比較
■提携サービスの比較
■お金をどうやって引き出すか
■手数料の比較
■ペイオニアの送金手数料「2%」の間違い
■ペイオニアとWorldFirstを同時に利用してはいけない!
■99%のAmazon輸出実践者は、価格の安さで塾やツールを選んでいるだけ。「ビジネスの本質」を使いこなす1%になりたいと思わないか?
■ペイオニアで25ドルキャッシュバック
■Kindle読者様への特別なご案内

【本文より抜粋】━━━━━━━
■ネット上の推奨記事を信じてはいけない

2012年頃にアマゾン輸出がブームになり始めた時期、たくさんの人がアマゾン輸出に参入してきました。その時、銀行口座をどうするかという問題がありました。お金と時間がある人は、米国で法人設立と法人口座を作ってくれる代行会社に申し込んだり、米国まで行くことのできる人は自らハワイまで行って法人設立し、法人口座を開いていました。しかしこれができたのは、お金と時間の余っていたごく少数の人たちだけでした。そしてそれを完全に解決する方法が、私が「月に100万稼げる 「Amazon輸出」入門編」で、日本で初めて紹介した「ペイオニア」というサービスです。

さて、そのアマゾン輸出の救世主的な存在であるペイオニアにも、ライバルとなりうる新しいサービスが現れ始めています。それが「World First」です。World Firstも、アメリカの法人銀行口座を利用できる、アマゾンと提携しているサービスです。そこで、アマゾン輸出で必須となったペイオニアと、それに対抗するWorld Firstのサービスを比較し、アマゾン輸出実践者としての有効的な活用方法を探っていきましょう。

ペイオニアとWorld First、両社を比較するときに重要なのは、「ブログ等で配信されている情報は信じない」ことです。
両社とも、アフィリエイトという紹介プログラムを導入しています。
アフィリエイトとは、例えばブログ運営者がペイオニアについて紹介した記事をブログに載せ、そこからペイオニアに登録してくれた人がいたら、ブログ運営者がお金をもらえるネット上の仕組みです。

つまり、ネット上で情報配信されているペイオニアやWorld Firstに関する内容は、ほとんどがアフィリエイトでのお小遣い稼ぎが目当てです。
本当にあなたにとって良いサービスを紹介しているわけではありません。

これが、ネット上のブログ記事は信じてはいけない理由です。
ネットで配信されている情報の中には、両社の手数料を間違えて計算し、優劣を決めているブログさえあります。

また、ネット上には様々なアマゾン輸出ツールや情報商材を販売している人たちがいますが、その中には「当アマゾン輸出ツールはペイオニア社、WorldFirst社から推奨されています」というツール提供者もいます。
こういったツール提供者や情報販売サイトも、小遣い稼ぎを目当てにした広告に過ぎませんから、信じてはいけません。
(本編に続く…)